スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


にほんブログ村 競馬ブログ 競馬初心者向けアドバイスへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

信頼と実績
競馬総本舗ミリオン

2017年・ドバイシーマクラシック 予想

2017年・ドバイシーマクラシック 出馬表
2017年・ドバイシーマクラシック 展望

7頭立てと少ないということは、
強い馬が揃ったということのはず。
であるならば、荒れない可能性大。
牝馬はないと見ました。

◎ハイランドリール

香港ヴァーズではまさかの敗退。
巻き返しを期待。

○ポストポンド

前走はクビ差負け。去年は勝利。
負けられない一戦。
前哨戦のタイムが去年より遅いのが
気がかりです。

▲ジャックホブズ

前走はまだまだやれる証明でした。
ですが、5か月明けの影響はあるはず・・。

△サウンズオブアース

ここでG1・初勝利というのは考えが甘く、
それなら、ゴールドアクター、
キタサンブラックは圧勝するはずですね。
今回も胸を借りる立場。善戦を期待。

にほんブログ村 競馬ブログ 競馬初心者向けアドバイスへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

信頼と実績
競馬総本舗ミリオン

2017年・ドバイワールドカップ 予想

2017年・ドバイワールドカップ出走表
2017年・ドバイワールドカップ 展望

スポニチのような競馬新聞は、
これまでレーティング順に並んでいるだけでした。
netkeibaではゲート順に並んでいるので
見やすいですね。
ただし、差しているのか先行しているのかは
分かりません。
この辺は競馬専門誌やスポーツ新聞の方が
良いかもしれません。

◎アロゲート

この馬に日本馬が勝てるとは思えません。
ペガサスワールドカップは歴史が浅い分、
軽視できても、BCクラシック勝ちは
軽視できませんね。

○ホッパーチュニティ

去年3着馬。再度期待です。
全レース5着以内の安定感が良いです。

▲スペシャルファイター

マクトゥームCR3経由なので買いですね。

△フリアクルサーダ

牝馬ですが、同じく
マクトゥームCR3経由なので買いです。

△アポロケンタッキー

枠が厳しい気がしますが、
今が旬だと思いますので上位を期待です。

△ムブタヒージ

去年2着馬。ステップレースはG1ではないですが、
まだ能力はあると考えてみます。


にほんブログ村 競馬ブログ 競馬初心者向けアドバイスへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

信頼と実績
競馬総本舗ミリオン

2017年・ドバイワールドカップ展望

このレースも日本では初めての発売。
ヴィクトワールピサが悲願の日本馬初勝利と
なったことは、記憶に新しいですね。
メイダン競馬場はタペタと呼ばれる、
全天候型のトラックでした。
ダート未経験のヴィクトワールピサが
勝てたのは馬場ですね。
現在は従来のダートコースに
戻っているようです。
海外騎手の情報は少ないので、
馬を中心に見ようと思います。

ドバイワールドカップ 過去10年
ドバイ競争出走馬

アルマクトゥームチャレンジラウンド3組は
強いですね。
ここをステップとしている馬は注目です。
まずは海外馬ですね。

アロゲートはスミス騎手。
芝よりもダートコースに強い騎手ですね。
馬はペガサスワールドカップと
BCクラシック勝ち。
前者は出走登録料約1億円を支払って、
勝てばドバイワールドカップを
上回る賞金を獲得、
というアメリカンドリームなレースです。
1着賞金は約8億円でした。
元々はドンハンデというレースでした。
BCクラシックはダートでは
ドバイワールドカップに次いで、
世界で2番目に高い賞金を
誇るレースだったはずです。
1着は3億4500万円。
つまり、この2つで11億以上
稼いでいるわけですね。
ここでも好戦するどころか最有力馬でしょう。

ガンランナーはアメリカ限定馬。
BCダートマイルで2着していても、
この距離では勝っていませんね。
ケンタッキーダービー3着は光る成績ですが、
輸送がどうなのかという問題はありますね。
アメリカ国内は日本よりずっと広いので、
日本とは事情が違い、
空輸は普通かもしれません。

ホッパーチュニティは去年と同じ、
G2のサンアントニオSを勝っています。
ブリーダーズジョッキーゴールドカップ
というG1を勝っていますが、
賞金は高くないと思います。
去年3着で同じプラ騎手なので、
上位もあるかもしれません。

キーンアイスはブリーダーズカップ3着。
先述の2016年・ドンハンデで6着と
負けています。
去年はマクトゥームCR3経由でも
上位に来れなかったのですが、
果たして今年はどうでしょうか。
G1勝利はトラヴァーズSのみです。
地元のレースでも
勝ち切れていないので厳しそう。

ムブタヒージは去年2着。
去年よりは低調で、
G2のUAEダービー勝ちはあるものの、
G1未勝利。ラニよりも実力は上のはず。

ムーヴアップはマクトゥームCR3経由ですが
ダート未勝利。
こういう馬でも馬主がゴドルフィンだから
出られるのでしょうか。
マクトゥームCR3はこのレースと
相性はいいですが、
実はレベルが低いのかも。

ネオリシックは、
ペガサスワールドカップ3着ですが
G1未勝利。
距離も未経験なので
静観が無難な気がします。

スペシャルファイターは1年振りの出走。
マクトゥームCR3を勝って去年は4着。
しかしそれ以外はG1を勝っていません。
去年、マクトゥームCR3で3着の
ムブダヒージは2着。
もしかして上位があるかも。

フリアクルサーダはマクトゥームCR3で3着。
勝つ可能性は低くとも、
このステップレースですので注目です。

そして日本馬です。
フェブラリーSをステップとするのが
日本馬ですが、
今年はそうでもないようですね。

アポロケンタッキーは、
ダートマイル勝ちがありません。
距離適性は間違いなくあるでしょう。
フェブラリーSを使わなくて正解かも。
鞍上は2017年・川崎記念を勝った
ルメール騎手ですね。

アウォーディーはダート転向してからが
快進撃。
この馬もマイル勝ちがなく、
距離適性はありそうです。
ただ若干衰えている気がします。

ゴールドドリーム。このステップが王道と
言えます。つい最近、
マイルG1を勝ったばかりですが、
2000mに勝ち鞍がありません。
鞍上はこのレースを制覇したMデムーロ。
時期尚早なのか今が旬なのか。
果たして・・。

ラニ。UAEダービー勝ちは
ムブタヒージに似ています。
アメリカ三冠にも挑戦しましたが、
その後がダメですね。
マクトゥームCR3では6着でした。
距離も合っているかどうか分かりません。
ムーア騎手ではありますが、
かなり不安な一戦でしょう。

日本馬ではアポロケンタッキーに注目ですね。
ゴールドドリームは距離に不安があります。

にほんブログ村 競馬ブログ 競馬初心者向けアドバイスへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

信頼と実績
競馬総本舗ミリオン

2017年・ドバイターフ 展望

このレースも日本初発売。なのでやはり勉強から。

ドバイターフ 過去10年
ドバイ競争出走馬

ドバイターフは2015年より同レースに
名称変更。
それ以前は1877メートルの
ドバイデューティフリーでした。
日本馬の参戦は多く、牝馬でも通用しているのが
特徴でしょうか。

リアルスティールは鼻出血で取り止め。
ちなみに鼻出血は鼻血ではなく、
肺からの出血です。

ヴィヴロスにはモレイラ騎手。
香港ヴァーズ勝利のサトノクラウン以外でも、
札幌記念のモーリスで2着、
キーンランドカップのシュウジで2着と
日本馬で結果を残しています。
前走はイマイチでしたが、
ここでは好走するかもしれませんね。

デコレーテッドナイトはアッゼニ騎手。
ジェベルハッタ組は強いですね。
しかも勝っています。
G1は初勝利でしたが、
ここも上位争いは可能では。
ダート・芝問わずに勝っていますので
本格化はしてそうですね。

ロングアイランドサウンドはヘファナン騎手。
うまい騎手ですが、実績はもう一つ。
G3勝ちのみです。静観妥当ですね。

ザラックはスミヨン騎手。
腕は間違いなく一流です。
エピファネイアやブエナビスタで
お馴染みの騎手ですね。
フランスダービー2着ですが、
重賞勝ちはG3止まり。
それでもまだ4歳でずっと同じ騎手ですので、
上位を狙えるかもしれません。

リブチェスターはビュイック騎手。
ジャックルマロワ賞勝ちの一流マイラーです。
距離延長がどう出るか。前走は2着。

オパールティアラはマーフィー騎手。
バランシーン勝ちは8歳牝馬でも絡んでいます。
騎手がそれほどうまくないかもしれませんが・・。

ドーヴィルはムーア騎手。距離は未経験です。
アーリントンミリオンで勝った、
モンディアリストは、その後が不振。
騎手だけでは買えないかも。

ムタケイエフはクローリー騎手。
2走前のインターナショナルSは、
ポストポンド、ハイランドリールに続く3着。
ハイレベルでした。この騎手、
G2・バランシンでは、
1番人気のベリースペシャルに
乗っていましたが5着と敗戦。
勝ったのは今回のメンバーに居る、
オパールティアラでした。
ちょっと厳しいでしょうね。

にほんブログ村 競馬ブログ 競馬初心者向けアドバイスへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

信頼と実績
競馬総本舗ミリオン

2017年・ドバイシーマクラシック展望

日本では初めて購入ができるレースですね。
まずはこのレースの勉強からですね。

ドバイシーマクラシック 過去10年
ドバイ競争出走馬

日本調教馬は前哨戦の戦績は
あまり関係ないと言えます。
2015年まではG1を勝っている馬が
このレースに挑戦し、結果を出しました。
しかし、2016年では、
G1・未勝利の6歳馬・ラストインパクトが
3着に入っています。
前哨戦の京都記念で6着。
有馬記念で大敗したダービー馬の
ワンアンドオンリーも、
2015年に3着に入っており、
今年参戦のサウンズオブアースにも
チャンスはありそうですね。

ハイランドリールは凱旋門賞で2着、
香港ヴァーズでも2着。
いずれのレースも日本で購入できましたので、
馬の知名度も上がっているはずです。
日本ではお馴染みのムーア騎手。
2走連続なので巻き返しもあり得ますね。
凱旋門賞では上位を独占した、
オブライエン厩舎の馬です。
香港ヴァーズでは、モレイラ騎手に
目が行っていましたので、
サトノクラウンを中心に考えていましたが、
同馬にやられ、2着でした。
とはいえ、まだ力はあるはずです。

ポストポンドも2016年の凱旋門賞に出走。
日本でもお馴染みのアッゼニ騎手です。
去年はドバイシティーオブゴールド賞、
このレースと連勝。今年は2着からの参戦。
このレースはよく絡んでいますので、
有力馬と思われます。

プライズマネーは前哨戦でポストポンドに
勝っています。
まだG1には出していない上に
重賞勝利は前走が初めて。
上がり馬かもしれませんが、
経験の浅さがどう出るか。
デフリース騎手は2014年WSJSで
1番人気3着が唯一の日本実績。
ベテランの46歳のようです。

セブンスヘブンはヘファナン騎手。
2016年・凱旋門賞で、
ハイランドリールで2着です。
BCターフでも同馬で制しており、
実力のある騎手ですね。
日本での騎乗はまだないようです。
英チャンピオンズF&Mは、
同じ3歳牝馬に負けてしまいました。
ムーア騎手でも勝てなかったので、
厳しいかもしれません。

ジャックホブスは去年1走しか
まともに走れていません。
ただ、英チャンピオンSでは、
1-3番人気のど本命決着。
レベル自体は高かったようです。
中止レース以外は全て3着以内なので、
まだ力はありそう。
ビュイック騎手は日本でもお馴染みです。
有馬記念のトゥザワールド2着はさすがでした。

アーンショーはまだ重賞未勝利。
日本でもお馴染みバルザローナ騎手。
前走5着で、さらには距離未経験と
厳しい要素満載。
欧州でも結果が出ていません。静観妥当では。

にほんブログ村 競馬ブログ 競馬初心者向けアドバイスへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

信頼と実績
競馬総本舗ミリオン


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。