2017年・皐月賞 回顧

ファンディーナやアルアインは先行して
前に出ました。
クリンチャーも予想通り先行集団。
道中、カデナとペルシアンナイトが内ラチから
伸びるシーンがありましたが、
カデナはペルシアンナイトより後ろに居たため、
ペルシアンナイトだけが
最後に伸びてきましたね。
元の枠の差が出た形です。
差し馬にはやはり内枠は不利でした。
スワーヴリチャードも向こう正面では
中団に居ました。ここから差すのはまず無理。
この時点でレース終了ですね。
マイスタイルは見せ場なく終了でした。
終わってみれば大波乱。
6頭挙げても全部掲示板以下という体たらく。
展開予想の仕方に見直しが必要ではないかと
考えさせられました。
振り返ってみると、カデナやスワーヴリチャードは
内差しの馬なので、G1では厳しかったですね。
本命に推したウインブライトは距離未経験。
ダンビュライトは弥生賞3着だったので、
距離経験がある分、力量が上だったのでしょう。
騎手の能力差や8枠からの差しで
微妙な距離のロスというのもあると
思います。
ペルシアンナイトもアルアインも距離未経験。
さらには中山も未経験。
騎手の腕で上位に持っていった印象です。
ロスが少なかった中枠の馬が、
今回は有利だったようですね。馬が弱すぎる分、
騎手の腕と枠の差が、
波乱の結果に繋がったようです。

後から時計の速いアルアインが気になりました。
そしてペルシアンナイトですが、
中山10レースで人気のデムーロ騎手が
沈んだので、メインで絡むと確信しました。
しかし、購入したのが今日の朝なので、
既に時遅し、でした。
武騎手、デムーロ騎手は皐月賞勝ち、
松山騎手は先行が得意。
騎手のイメージを想定された方は
的中されたかもしれませんね。

ファンディーナはやはり負けました。
これまでの対戦相手は弱かったですしね。
馬単や三連単まで売れていたので、
もしやと考える方は多かったかもしれません。
牝馬はやはり牝馬ですね。
三連単100万の大波乱になるほど
弱いメンバーだったレースで
絡めなかったと言うことは、
血統が影響している可能性がありますね。
私は普通に桜花賞に挑戦すれば、
上位争いだったと思います。

最近のG1は騎手依存ですね。
今後のG1ではそちらにも
注目してみようと思います。
購入もギリギリまで待ちたいですね。
スポンサーサイト


にほんブログ村 競馬ブログ 競馬初心者向けアドバイスへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

信頼と実績
競馬総本舗ミリオン

コメント

コメントを残す

Secret