2017年 フェアリーS

今年の3歳牝馬は例年よりも強い印象です。
同じファンタジーSを勝って臨んだ、2013年のベルカントを思えば、
朝日杯のミスエルテは明らかに強かったですね。
とはいえ、阪神JF組の下位組まで強いのかと言えば少々疑問です。
朝日杯の結果を見ると、単に牡馬が弱いとも言えます。
デイリー杯2歳Sで勝った福永騎手から乗り替わった、ジューヌエコールが阪神JFで大敗。
この着順以下は弱いのではないか、というのが私の印象です。

中山実績がなくとも絡んでくるのが、このレースの特徴であり荒れる理由でもあります。
牝馬は一度大敗すると立て直しが難しい、というのが私の持論です。これは賛否両論あるはずです。
よって、前走勝っている先行馬をまず選びたいと思います。

モリトシラユリ、メローブリーズですが、
父の父の父にロベルトを持っていて芝の勝利実績がある分、メローブリーズ優勢とみます。
道悪で勝っているのでいかにもパワー型です。

あとはクロフネ産駒でいいと思います。中山2000mの金杯で2着だった、
クラリティスカイもクロフネ産駒でした。クロフネ丼でいいのでは?と最初は思ったくらいです。
アエロリットの鞍上の横山騎手は牝馬のイメージは全くありません。
サフラン賞勝ちのトーホウアイレスはアルテミスSで大敗。危険な人気馬のように思います。

◎メローブリーズ
○モリトシラユリ
スポンサーサイト


にほんブログ村 競馬ブログ 競馬初心者向けアドバイスへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

信頼と実績
競馬総本舗ミリオン

コメント

コメントを残す

Secret