2017年 桜花賞 展開予想

末脚頼りの馬が多く、週末は雨予報です。
ちょっとした枠の差が展開には影響するはず。
時計のある先行馬が内枠に居ないので、
直近の実績からは残る馬を見つけるのは
難しいですね。行く馬が居ないとなれば、
ペースは落ち着きますね。
馬場も考慮すると、時計は出ないでしょう。
第3コーナー手前では団子状態に
なるかもしれませんね。
こうなると、経済コースを通った馬が有利です。
今回は4頭勝負です。

◎ソウルスターリング

極端な枠ではないので勝ち負けできるはず。
内枠に先行力のありそうな馬が居ませんが、
外枠なので、先手を取ることはないでしょう。
馬場によっては先行する可能性はあります。
道中・5-6番手なら勝ち負けでしょう。

○リスグラシュー

今回は先行すると読みます。
サロニカが取り消しですので、
単騎逃げでもいいですね。
前走はもっと積極的に行くべきでした。
2番からの控える競馬は無茶でしたね。
届かなかったのも納得です。
中団に控えた場合は入着しない可能性が
高いです。渋った馬場の経験がないため、
その場合は、下手すると掲示板外ですね。

▲アドマイヤミヤビ

ソウルスターリングより外に入ったので、
まず勝てないでしょう。
前走はコースは違いますが、この距離で、
ソウルスターリングと同じタイム。
オークス向きだとは思いますが、
いいところまでは持ってくるはず。
馬体重がカギですね。
馬場が多少渋っても、
やや重で勝っていますので、
問題はないでしょう。

△ミスパンテール

パワー型牝馬です。道悪は問題ないはず。
血統を見ても母父の父の父はロベルトです。
父はマイル重賞常連のダイワメジャーですね。
2戦目から速いタイムを持っているので、
G1でも通用する公算大です。

チューリップ賞組は相性が良く、
過去10年では(8-4-5-27)。
強い馬が2頭も内に居る関係で、
2着以上の食い込みはまずないでしょう。

-ミスエルテ

枠が悪すぎますね。過去3戦、
全てにおいてレースレベルは低いです。
最高でも4着では。

-ライジングリーズン

この馬も枠が悪いです。
無理に先行すれば普通に掲示板外でしょう。
静観妥当ですね。

-ジューヌエコール

馬体重キープの前走が案外。
斜行がなくとも勝ってはいないでしょう。
恐らくは成長度合いに問題ありです。
牝馬のイメージのない北村友騎手では。

-カラクレナイ

追い込みで距離未経験では
どうにもならないでしょう。相手が強いです。
あっても掲示板まで。

-レーヌミノル

牝馬と短距離が得意な池添騎手ですが、
やはりクイーンカップ→フィリーズレビューの
ローテーションが気になります。
前走を回避しても、賞金は足りているはずです。
個人的にはちょっと不可解でした。
牝馬ですし、疲れも懸念されますね。
ソウルスターリングより内枠は良いですが、
前走のイメージが悪すぎますね。

-アエロリット

穴馬として狙うならば、もっと内枠が良いですね。
クイーンカップからのローテーションなので、
馬体重が気になります。
500万下を勝てなかった時点で厳しいですね。
阪神は未経験ですし、NHKマイルカップの方が
合いそうなイメージです。

-ヴゼットジョリー

牝馬に乗せたらトップクラスの技量の福永騎手。
しかし、時計を持っていない上に
道悪実績がありません。
アーリントンカップでは弱すぎる3歳牡馬相手に
4着。メンバーの揃ったここでは厳しそうです。


競馬予想ソフトの有用性とは?




一歩差がつく競馬予想ツール★KLANプレミアム
スポンサーサイト


にほんブログ村 競馬ブログ 競馬初心者向けアドバイスへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

信頼と実績
競馬総本舗ミリオン

コメント

コメントを残す

Secret