2017年 根岸S

日曜 東京11 根岸S

良いメンバーが揃いましたが、行く馬が多く、ハイペースもあり得ます。
そこで先行・差し型の馬を選択します。
東海Sも同じ理由で、◎グレンツェントとしました。
ニシケンモノノフ、ベストウォーリア辺りが良さそうに思います。
最近中央を経験していないので、ベストウォーリアが2番手でしょうか。

脚抜きのいい馬場なら追い込み馬もあり得ますが、良馬場だとどうでしょうか。
カフジテイクは良の1400mでは不発もあります。
エイシンバッケンが前走負けたのは芝の重賞勝ち馬。何となく危険な香りがします。

キングズガードは斤量58キロでグリーンチャンネルカップで2着なので、
それよりも2キロ減の0.2秒差勝ちのカフジテイクとほとんど同着と考えられます。
つまり、同斤量で1400mならばカフジテイクといい勝負ができるはずです。

最初は◎ラストダンサーかと思いましたが、全く人気していません。
その原因は、先行し切れなかった場合に対処できないから、でしょうか。
ブルミラコロよりもずっと速い時計を持っているのに、さすがに不可解です。
ブルミラコロは馬券外は1回だけという安定感がありますが、
やはりスタートが決まらなかった時は勝負にならない可能性もあります。

とはいえ、東海Sのように、1頭は残るはず。
あの時は内に居る馬が残りました。
ブルミラコロか、ラストダンサーか。
あるいは怪しげな複勝人気のモンドクラッセも・・。1400m未経験ですが。
コーリンベリーはここでは厳しそうです。
中央の1400mは1年半ぶりです。さらに牝馬で56キロ。

外のベストマッチョとノボバカラは、最初に脚を使わないと好位につけられないと思います。
そうなると、最後の脚に影響しますので、直線の長い東京では厳しいと思います。

◎ニシケンモノノフ
○ベストウォーリア
▲ラストダンサー
△ブルミラコロ
△キングズガード
☆モンドクラッセ
スポンサーサイト


にほんブログ村 競馬ブログ 競馬初心者向けアドバイスへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

信頼と実績
競馬総本舗ミリオン

コメント

コメントを残す

Secret