2017年・名古屋大賞典(G3)

名古屋競馬場は直線がとても短く、
差しがまず決まらないです。
外枠発走の逃げ馬も残ります。
そのせいか、中央から参戦する場合でも、
先行の馬が揃います。

出遅れたらほぼ終わりの特殊なコースなので、
地元騎手が絡むことが多いですね。
その意味では浦和競馬場と似ています。

カツゲキキトキトは地元・大畑騎手で、
脚質も逃げなので良さそうです。

オールブラッシュも逃げ脚質です。
斤量を59キロと背負いますが、
前走G1でこの斤量を背負っていても、
勝っている計算ですね。
外寄りになった分だけ、
少し評価は落ちます。

この2頭は押えるべきでしょう。

外の逃げ馬を買う分、内の差し馬を
押える必要があります。
ここはピオネロでしょうね。
元・地方の戸崎騎手ですし。

モルトベーネは逃げられなければ競馬には
ならず、その時点で終了の枠。
デムーロ騎手でも厳しそう。

ケイティブレイブはまだ4歳ですが、
3歳で浦和記念を勝った実力馬ですね。
名古屋グランプリは距離が長いとしても、
川崎記念はもっとやれても良かったはず。
距離未経験だったオールブラッシュに
やられていては。
前走から斤量を背負いますが、
浦和記念がこの斤量でも勝っている計算です。
問題は鞍上替わり。上昇が見込めるかどうか。
後手を踏んだら終了ですね。

ドリームキラリは距離未経験で、
同じくテン乗りの川田騎手です。
2012年・ダイシンオレンジで2着の
実績はありますが、ここでは軽視ですね。

ヴェリイブライトは加藤聡一騎手。
加藤誓二騎手の方だったら・・と考えてました。
3走前は同距離で差し届いていませんが、
中団くらいに控えると展開予想すると、
ピオネロよりも有利な枠になりますね。

1頭はウマニティのデータを参考にします。

>  ・近走成績が悪く、
> 今回が休養明け初戦となる実績馬。

トロヴァオを選択します。
2000mのダービーグランプリで圧勝。
この実績があるので先行するはず。
後手を踏んでも差せそうです。

実績馬にうまい騎手が騎乗しているので、
行く馬が総崩れは考えにくいです。
差しは絡むとすれば、1頭でしょう。
展開予想が困難なので6頭挙げておきます。

◎カツゲキキトキト
○オールブラッシュ
▲ピオネロ
△ケイティブレイブ
△ヴェリイブライト
☆トロヴァオ
スポンサーサイト


にほんブログ村 競馬ブログ 競馬初心者向けアドバイスへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

信頼と実績
競馬総本舗ミリオン

コメント

コメントを残す

Secret