スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


にほんブログ村 競馬ブログ 競馬初心者向けアドバイスへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

信頼と実績
競馬総本舗ミリオン

2017年・ダービー卿チャレンジトロフィー(G3)

ダービー卿チャレンジトロフィー 出馬表

グレーターロンドンは出走回避。

1番人気 キャンベルジュニア シュタルケ騎手
2番人気 グランシルク 戸崎騎手
3番人気 マイネルアウラート 柴田大騎手

これだけを見ると、波乱もあるかもしれません。
シュタルケ騎手は国内G1は未勝利で、
さらにマイルでは少々疑問があります。
戸崎騎手はG1騎手ですが、
柴田大騎手は障害G1勝利のみです。

キャンベルジュニアは去年敗退。
1度、クラス落ちして這い上がりました。
斤量は前走から2キロ減。
去年と違って57キロを斤量慣れしているのは
大きいですね。騎手をどこまで信頼できるか。
去年のシュタルケ騎手は、マジックタイムで
制してはいます。

グランシルクは3歳春から
マイルを勝っていません。
特に古馬戦で勝てていないのは
厳しいです。父ステイゴールドなら、
距離を延ばしてみればと毎回思います。
前走が今回のように55キロでも、実績が
56キロで0.2秒差では勝てていません。
つまり、54キロでないと、
前走では勝ち負けできていません。
今回はメンバーが強くなっていますし、
斤量に恵まれたとは言えません。
やはり距離が疑問に思います。

ロイカバードですが、中山未経験。
斤量減が1キロだけ。かなり厳しいですね。
軽視で良さそうです。

マイネルアウラートですが、
この馬もグランシルクと同じで、
距離延長が面白そうですね。
前走4着から据え置きの57キロ。
58キロでの中山マイル勝ち、
先行得意な柴田大騎手と、
穴狙いできそうな要素が満載です。
極端な枠に入らなければ狙う価値はあります。

ガリバルディは中山未経験。
前走は大穴のトルークマクトに負けましたが、
4キロの斤量差があったので仕方ないです。
同斤量なら、アストラエンブレムと勝ち負けの
計算です。短距離得意な池添騎手ですが、
ハンデ戦の京都金杯で惨敗し、
距離延長の京都記念で通用しなかった後、
1800mのハンデ戦でも勝てずに、
マイルに出戻り、それも未経験の中山という
臨戦過程は良いとは言えませんね。
自慢の末脚も直線310mの中山では鈍ります。
ただ、強力な同型のグレーターロンドンが
居なくなったので、チャンスはあるかも。

今のところはこの1頭が有力です。
◎マイネルアウラート
スポンサーサイト


にほんブログ村 競馬ブログ 競馬初心者向けアドバイスへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

信頼と実績
競馬総本舗ミリオン

コメント

コメントを残す

Secret



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。