2017年・大阪杯 展望

中央競馬のG1レース賞金額ランキング

1着賞金は1億2000万円のようですね。
菊花賞より高く、天皇賞(春・秋)、
宝塚記念よりは安いです。
格上げ1年目なら妥当かもしれませんね。

netkeibaの登録馬を見ると、
1番人気、キタサンブラック 武騎手
2番人気、マカヒキ ルメール騎手
3番人気、サトノクラウン デムーロ騎手
とあります。

この時点で荒れないことが想定できますね。

阪神2000mは直線が短いので、
ダイワスカーレットのような逃げ馬でも
勝てます。

キタサンブラックですが、
ダイワスカーレットと同じで、
有馬記念2着からの直行。
ただ、放牧明け京都大賞典の時と違って、
今回はG1で距離も短縮です。
去年も同じローテーションでしたが、
最後に差されて2着でした。
2000mという距離は、
実は怪しいかもしれませんね。
宝塚記念で牝馬に負けて3着。
この時点でこの距離も得意とは言えません。
勝ったマリアライトはこの後に失速しましたし。
天皇賞秋を回避したのは距離が原因では・・。
2016年・大阪杯1着のアンビシャスは、
その後のG1で不振ですしね。
いずれにしても万全とは言えないはずです。
有馬記念では3歳馬に負けてしまったので、
能力落ちも懸念されるところです。
ジャパンカップからの連戦の疲れを
考えたとしても、
今回は放牧明けの分があるので、
勝ち切れるかどうかまでは難しいですね。

京都記念を連覇したサトノクラウンは
2年連続で天皇賞秋で大敗。
この馬も2000mが得意とは言い難いですね。
2017年・京都記念は出走頭数が少ない上に
2着は7歳牝馬。
ルメール騎手は東京で好走するイメージは
ないのですが、度外視していいものかどうか。

マカヒキは陣営と騎手が、
本気だったはずの京都記念で3着と惜敗。
いや、7歳牝馬に負けているので
実質は惨敗かもしれません。
少なくとも1倍台の走りではなかったです。
ちなみに、スマートレイアーの次走は
ヴィクトリアマイルだとか。
大阪杯に出る予定だったんですかね。

ドバイシーマクラシックの
ハイランドリールを見る限り、
ムーア騎手の調子落ちも考えられますね。
ただ、皐月賞の中山2000mと
阪神2000mはよく似たコースです。
よって、2000mのここでも
好走できるはずです。
2冠馬のネオユニヴァースは
4歳時にここを勝っているように、
クラシックで上位実績の馬は、
格上げG1であっても狙うべきでしょうね。
相手関係はまた別の話ですね。

距離適性抜群のヤマカツエースは
押えておきたいですね。
先述の中山2000mを勝っていますし。
ハンデ戦G3を勝って居た頃よりも
安定感が出てきました。
一度は負けた2000mのG1ですが、
今回は期待できるかもしれません。

アンビシャスは追い込みという脚質が
災いしている印象がありますね。
中山記念では届かずの4着。
天皇賞秋ではロゴタイプに迫られる4着。
5着のロゴタイプの2000m勝利実績は
皐月賞のみ。古馬戦では中山金杯の2着。
ロゴタイプは1800mが限界の気がしますね。
直線の長いコースで、そういう馬に
迫られているので、直線の短いコースでは。

ミッキーロケットですが、
重賞級の2000mではどうでしょうか。
前走は枠も影響したのか4着でした。
日経新春杯で接戦だったシャケトラが
日経賞を勝ちました。
ただ、あのレースは荒れましたので、
4歳馬のレベルが高いとは言えなかったです。
4歳の上位人気馬とゴールドアクターが
沈みましたし。半信半疑としか言えませんね。

前走好走したロードヴァンドールは
面白そうですが、
キタサンブラックのような強い同型馬が居るので、
残っても3着止まりでしょう。
鞍上にG1を制覇できるイメージはないですしね。

まさかの◎ヤマカツエースになりかねません(笑)
次点は・・マカヒキかキタサンブラックか。
サトノクラウンは今のところ4番手です。
スポンサーサイト


にほんブログ村 競馬ブログ 競馬初心者向けアドバイスへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

信頼と実績
競馬総本舗ミリオン

コメント

コメントを残す

Secret