スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


にほんブログ村 競馬ブログ 競馬初心者向けアドバイスへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

信頼と実績
競馬総本舗ミリオン

地方競馬を始めるきっかけ

中央競馬を何十年とやっている人でも、
地方競馬はやったことがない人は
意外と多そうです。
やったことはあっても交流重賞のみという方は
多いでしょう。

私も中央競馬で馬券を初めて買ってから
20年が経過しましたが、
地方競馬の経験は3年と浅いのです。
2017年3月に行われたダイオライト記念は
初めての購入でした。

たいようのマキバオーという競馬漫画が
ありまして、そこで地方競馬に触れたのが、
始めるきっかけです。

この漫画は高知競馬を舞台とし、
ゆくゆくは海外レースに
挑戦するという筋書きでした。
地方競馬を主体とする競馬漫画は
他に読んだことがありません。

普段は収入不足に悩む高知競馬。
開催日に中央の強い馬やうまい騎手が来るだけで
売上げが伸び、それが競馬場の
存続に繋がっています。
何とかして彼らに来てもらうために、
高知県競馬組合の広報マンが、
日夜、四苦八苦している。
そんな現状を描いた漫画です。
馬や騎手を主体とする競馬漫画が多い中、
異色の作品と言えます。

名古屋競馬場には3回ほど行きました。
結構ボロボロでした。
有料の大部屋の座席からは
スクリーンが遠いですね。

そのうち1回だけは元旦の
本場開催の日でしたが、
1階のフロアは吹き抜け。凄い寒かったです。
中央競馬でも京都競馬場は、
同じく吹き抜けで寒かったです。
その点、中京競馬場は改修されてからは
ガラス張りになりました。
以前は寒かったり暑かったりで大変でした。

金沢競馬場にも開催日に
行ったことがあります。
客席はガラガラで、
厳しい現実を目の当たりにしました。

笠松競馬では馬を売ってしまった
という話を聞いたり・・。
地方競馬は南関4場と園田競馬で
持っていると考えて良さそうな気がします。

聞いた話やこういう経験則からすると、
漫画に描かれていることは
ウソではなかったと勉強になりました。
スポンサーサイト


にほんブログ村 競馬ブログ 競馬初心者向けアドバイスへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

信頼と実績
競馬総本舗ミリオン

コメント

コメントを残す

Secret



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。