2017年 黒船賞(G3)

交流重賞はJRAの馬が蹂躙すると相場が決まっています。
従って配当も安い傾向にあります。
敢えて穴馬を狙うなら地方騎手の馬です。
中央で馬が走っていた経験があるかどうかが
地方騎手が絡む条件です。

同じ馬が繰り返し上位入線するのがこのレースの特徴です。
交流重賞らしい傾向と言えます。荒れないと見て4頭だけにしました。

◎ニシケンモノノフ

去年2着。良い枠に入って中央G1でも掲示板。
自在性あり。

○ドリームバレンチノ

一昨年、3年前と2着。
兵庫GTで力を示しました。

▲ブラゾンドゥリス

8枠は過去10年で1度も勝っていませんが、
ダート得意な内田騎手なら。

△キングズガード

ダートのイメージは全くない藤岡佑騎手ですが、
1400mは得意としています。

トーセンタイガー:
1枠の逃げは過去10年で(0-0-0-10)と厳しい。
1枠は過去10年で(1-0-0-9)
1枠で唯一勝ったトーセンブライトは差し馬。
元々、地方競馬場の最内は絶好のスタートを決めない限り、不利です。
地方は直線距離が短く、先行激化の傾向にあります。
時計を持っていないので、ニシケンモノノフにマークされると
お手上げです。

グレイスフルリープ:
佐賀の重賞を勝てたのは元・地方騎手の小牧騎手だからと思います。
川田騎手にダートのイメージはあまりないですね。
高知競馬場の経験は浅そうです。

残念ながら外してしまいました。
朝10時にブラゾンドゥリスが単勝1.2倍。馬主が購入した可能性が濃厚です。
ニシケンモノノフは単勝7.5倍。仮に馬主の購入とすると自信がなかった可能性がありますね。
地方競馬の軸馬と相手馬の選び方とは?

高知4では岩田騎手が勝利。次のレースでコケるフラグでした。
ドリームバレンチノは黒船賞のパドックでも挙げていなかったので、デキはイマイチだったのかもしれません。
高知4では1番人気の川田騎手が飛びました。これがメインレースで絡むフラグだったようです。
スポンサーサイト


にほんブログ村 競馬ブログ 競馬初心者向けアドバイスへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

信頼と実績
競馬総本舗ミリオン

コメント

コメントを残す

Secret