スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


にほんブログ村 競馬ブログ 競馬初心者向けアドバイスへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

信頼と実績
競馬総本舗ミリオン

2017年・中山牝馬Sに学ぶ、ハンデ戦のコツとは?

2017年・中山牝馬Sは中穴決着となりました。
大穴予想をされた方は多いでしょう。
騎手だけで買った人でも、三連複までは、
なかなか的中されてはいないと思います。

中山牝馬Sはハンデ戦でした。
ハンデ戦とは何かといいますと、
競走馬に対して、JRAのハンディキャッパーが、
ゴールで全馬が一直線に並ぶように
斤量を決めます。
(昔はハンディキャッパーは8人居たそうです)

斤量1キロにつき、
0.2秒の着差が出るといいます。
ハンディキャッパーも恐らくはこの計算方法も
利用していると思います。
ちなみに騎手の技量は斤量に関して、
一切考慮されていません。
計算された斤量の馬に乗るために、
騎手が減量する必要があります。

前走、芝の中山1800m・1600万下を
0.1秒差で勝っていた馬が居て、
中山牝馬Sを迎えたとします。
今回、斤量が1キロ重かった場合、
今回は勝てないと推測できます。
前走も増えた斤量なら勝ってはいないでしょう。
前走1.0秒差負けなら、
前走から5キロ減の場合に、
勝ち負けできる可能性があるということですね。
ただし、勝ち上がりの例ではレースの格上げも
ありますので、より軽く恵まれた馬を選んだ方が
いいと思います。
斤量が58~59キロのように重いと、
末脚に影響しますので、
差し追い込み馬は単純に切れるかもしれません。
ハンデ差を考えた後で、距離実績や調教や、
枠や騎手や展開等を加味するのが
いいと思います。

ハンデ戦は元々は全馬がゴールで一直線となる
斤量です。そのため、レース展開ひとつで
レース結果は大きく異なります。
10回、同メンバー同条件でレースをしても、
1番人気であっても連勝は
まず無理だと思います。競馬新聞の無印、
あるいは無地同然を狙うならハンデ戦が
面白いと思いますね。

ハンデ戦に限らず、
レースが荒れるか荒れないかの
一つの指標があります。
上位人気している馬に上位実績の騎手が
居るかどうか、です。
仮に1番人気、2番人気が重賞未勝利の
若手騎手だとすれば、
平穏にはまず決まりませんよね。
大波乱が考えられるレースだと思います。

2017年・中山牝馬Sの場合は、
ルメール騎手、戸崎騎手の、
2016年リーディング争いをした2人と
川田騎手で、3人とも実績上位の騎手です。
これではなかなか荒れないと思います。
勝った5番人気のトーセンビクトリーは武騎手。
5着も6番人気のシュタルケ騎手。
掲示板には二桁人気の騎手は居ませんでした。
ハンデ戦は馬の能力からハンデが決まるので、
うまい騎手が乗っていれば、騎手の腕だけでも
上位に持ってこれるというわけですね。
蛯名騎手は中山が得意なので3着でした。

競馬歴が長ければ長いほど、このレースは
当てにくかったのではないかと思います。
どうしても馬の方に目が行ってしまうからです。
初心者の方がきっと的中させていると思いますね。
競馬の熟練者は過去のレースデータを
参考にしますので、
このレースは荒れると思い込んでしまいますしね。
スポンサーサイト


にほんブログ村 競馬ブログ 競馬初心者向けアドバイスへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

信頼と実績
競馬総本舗ミリオン

コメント

コメントを残す

Secret



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。