2017年・NHKマイルカップ 有力馬の考察

出走予定馬

皐月賞が三連単100万円の大波乱。
桜花賞の上位は実力馬でも馬連は万馬券。
NHKマイルカップは平穏には行かない予感。

・カラクレナイ

桜花賞4着馬。
マイル適性はあるかもしれませんが、
末脚は鈍かったです。
これが、やや重だったからなのか、
距離が長かったからなのかは不明です。
父ローエングリンには1800mのイメージが
あります。安田記念では1番人気3着。
人気はしても、勝つことはないでしょうね。

・モンドキャンノ

父のキンシャサノキセキはこのレースで3着。
この馬は朝日杯FSで2着。
明らかにマイルが合っていそうですね。
スプリングSでは距離が長い印象でした。
軽視はできない存在と言えそうです。

・アウトライアーズ

皐月賞では大敗。
マイルでは末脚がしっかりしているので、
同じヴィクトワールピサ産駒のジュエラーも
そうでしたが、マイルが合っていそうです。
少し間隔が詰まっている分は
割引が必要でしょう。

・アエロリット

1400mで末脚1番時計を持っているので、
短い距離の方が合っていそうですね。
東京のコース替わりは問題ないでしょうが、
今回は様子見で良いと思います。
1勝しかしていないのも懸念材料です。

・ボンセルヴィーソ

外枠からでも馬券内だった前走が好印象。
今のところ本命視しています。
極端な枠に入らなければ好走しそうです。
松山騎手が先行が得意なのは、
皐月賞のアルアインでも証明されていますね。

・ミスエルテ

桜花賞では見せ場なしの11着。
1400mの方が合っていそうですね。
ここでは静観妥当です。

・レッドアンシェル

アーリントンカップから間隔が空いています。
負かされたペルシアンナイトは皐月賞2着。
レベルは決して高くなかったですね。
現状では短距離が合っていますが、
マイルが得意な浜中騎手からの
乗り替わりはどうか。

・ジョーストリクトリ

前走はまさかの大金星。
ファルコンSでは武騎手の乗り方に
問題があったと見ています。
積極的に先行策ができなくては
勝利どころか3着にも入れません。
騎手次第で上位入線も不可能ではないですが、
勝つことはまず無理でしょう。

・ディバインコード

柴田善臣騎手の騎乗が決まったようです。
2014年タガノブルグと同じ、橘S組。
あの馬は1分19秒台の時計がありましたので、
当時のNHKマイルカップでは
気にかけていました。
マツリダゴッホ産駒には
去年2着のロードクエストが居ますが、
鞍上にマイルのイメージはなく、
マイル重賞も勝っていません。
様子見が良さそうです。
スポンサーサイト


にほんブログ村 競馬ブログ 競馬初心者向けアドバイスへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

信頼と実績
競馬総本舗ミリオン

コメント

コメントを残す

Secret