2017年・青葉賞(G2) 展開予想

順当ならデムーロ騎手が勝ち負けでしょうが、
去年勝っている内田騎手に期待してみます。

◎ダノンキングダム

この枠なら先行でも差しでも
どちらでも行けそうです。
福寿草特別で負けた相手は
そこそこのレベルでした。
前走はメンバー中、同距離の一番時計です。

○アドミラブル

前走で負かしたアドマイヤロブソンは
すぐに条件戦を勝っています。
やや重で上がり33.5秒は余力十分。
速い時計が出てもやれそうです。
馬場が悪化しても問題ないでしょう。

▲ポポカテペトル

先行して34秒台前半の上がりなら、
さらに速い時計でも対応できそうですね。
鞍上強化で上位争いを期待。

△トリコロールブルー

スプリングS組は弱く、皐月賞では
全て8着以下でした。
母父のピヴォタルは短距離血統。
ファンディーナと同じですね。
距離が長い可能性があるかもしれませんが、
ファンディーナと違って、
2000mでは勝ち星がありますし、
マイルイメージのない、
ステイゴールド産駒です。
多少は期待できるかもしれません。

-アドマイヤウイナー

デムーロ騎手を背に連敗。
両方ともレースレベルは低いですね。
前走のタイムは速い方です。
母父のダンスインザダークは非根幹距離が
強いイメージです。
(非根幹距離は1400m、1800m、2200m等、
400で割れない距離です)
今回は根幹距離なのでどうでしょうか。

-マイネルスフェーン

未勝利を勝利までに5勝。
それも7月デビューです。
ホープフルSのレイデオロは皐月賞5着。
勝った東京2000mは末脚が今ひとつ。
2週目の高速馬場に対応できるかは疑問です。
レース間隔が空いているのも厳しいですね。

-ベストアプローチ

弥生賞では皐月賞3着の
ダンビュライトにハナ差。
左回りのセントポーリア賞で負けた事と、
速い時計を持っていないことは厳しい材料です。

-イブキ

先行馬には厳しい枠もそうなのですが、
速い時計を持っていないのが気になります。
新潟2歳Sでは牝馬に負け、
レベルの低い京成杯では大敗。
静観妥当だと思います。
スポンサーサイト


にほんブログ村 競馬ブログ 競馬初心者向けアドバイスへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

信頼と実績
競馬総本舗ミリオン

コメント

コメントを残す

Secret