2017年・天皇賞(春) 展開予想

キタサンブラックが3番。また内・・・?
フェノーメノやテイエムオペラオーは
ここを連覇していますし、
この枠なら勝つこともあり得ますね。

対するサトノダイヤモンドは8枠。
去年のゴールドアクターが沈んだ8枠でもあり、
三冠馬・オルフェーヴルが
大敗した8枠でもあります。

ダービーと同じで極端に内枠が強い傾向です。
1枠だけで過去10年で5勝です。
キタサンブラックは2000mの大阪杯を
ステップにしています。去年勝っているとはいえ、
6ハロン延長なので、折り合いはカギでしょう。

強力な先行馬が集まりましたが、
先行が得意な上位騎手が集まっていますので、
総崩れは考えにくいです。
サトノダイヤモンドに向くレース展開になっても、
相手は先行馬の可能性が非常に高いです。

◎キタサンブラック

この枠ならアクシデントがなければ、
3着以内は堅いでしょう。
連覇も考えられそうです。

○サトノダイヤモンド

有力馬が内に居る関係で、
この枠では勝ち負けまでは厳しくなりました。
しかし、阪神大賞典組のタイムは
菊花賞よりも速く、開幕2週目の高速馬場には
対応できる見込みです。ただし、
1ハロンの距離延長は間違いなく影響するでしょう。
イスラボニータで重賞を勝った鞍上なら。

▲シュヴァルグラン

この馬も内寄りの枠を引きました。
前走はサトノダイヤモンドに迫る2着でした。
差すのであれば、
シャケトラよりは恵まれた枠と言えます。
58キロで勝った経験に加え、
陣営が言うには、これからまだ強くなる可能性が
あるらしいです。あとは鞍上次第ですね。

△シャケトラ

絶好枠を引きました。3キロ増の斤量を
乗り越えるためには良い枠が必須。
ここなら距離延長でも、
勝負になるかもしれません。
距離未知数で700m延長になりますので、
先行することはないでしょう。
中団に控えてサトノダイヤモンドより
前につければ上位入線もあるかもしれません。

2009年・マイネルキッツやアルナスラインも、
日経賞をステップに内寄りからワンツーでした。
ただ、あの時は今年より1秒以上も時計が速く、
2分31秒台でした。今年は日経賞組よりも、
阪神大賞典組の方が時計が速いですね。
ですが、4歳馬は押えておきたいです。
2007年のエリモエクスパイアは大外でも
2着に入っています。
しかし、強力なメンバー相手に内差しでは、
さすがに厳しいでしょう。
ローキャリアも引っかかる点ですね。

☆ゴールドアクター

中枠を引きました。鞍上は強化ですが、
無理に行くと確実に最後の脚に影響しそうです。
前走は4歳馬に負けてしまいました。
あっても3着まででしょう。

横山騎手がゴールドシップで勝った時より、
明らかに相手が強いですね。
2014年の1番人気・キズナは距離が未知数で、
人気が先行して押し出されただけの馬でした。
2着馬との着差もなかったので、
メンバーに恵まれた感はありますね。

-アルバート

前走は58キロを背負って
良い末脚で勝利しましたが、
レース間隔が空いている分は割引きでしょう。
去年はルメール騎手で負けているので、
ちょっと厳しいですね。
相手が強いと思います。

-トーセンバジル

58キロという初斤量。
阪神大賞典でこの斤量ならタマモベストプレイと
際どかったことになります。
成長度合いがポイントですね。
スポンサーサイト


にほんブログ村 競馬ブログ 競馬初心者向けアドバイスへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

信頼と実績
競馬総本舗ミリオン

コメント

コメントを残す

Secret