2017年・福島牝馬S(G3) 有力馬の考察

・クインズミラーグロ

去年と全く同じ、牝馬3重賞ローテ。
去年よりも着順が向上していますが、
一度、条件落ちしていますし、
重賞ではギリギリ感は否めませんね。
ただし、武騎手は買えます。
最近好調ですし。

・クロコスミア

オープンクラスでは1勝もしていません。
条件戦を勝ったのは1年半前。
デビューは6月。そろそろ厳しそうですね。
マイルでは善戦しましたが、
松若騎手は先行がうまいので、
騎手の力でしょう。馬場も味方しましたね。
ローズSも同じ重馬場でした。
追い込みのイメージのある戸崎騎手ですが・・。

・フロンテアクイーン

前走は条件戦から3秒も遅かったです。
外寄りの枠から内に潜り込めなかったのが
敗因かもしれませんね。
高速馬場でも対応して条件戦を勝ちました。
父メイショウサムソンですし、
最終週の福島は悪くないかもしれませんが、
パワー型牝馬なのかどうかは分かりません。
2走前の時計が出れば上位も。

・ウインファビラス

このコース勝利は未勝利戦以来。6月デビュー。
厳しそうですね。マイルが最適だと思います。

・ウキヨノカゼ

短距離血統馬。前走から1キロ減ですが、
末脚が光りますので、
直線の長いコースの方が合いそうですね。
G1・3着の頃がピークでしょう。

・ロッカフラベイビー

2勝目を挙げたのが1勝目から1年9か月後。
パワーはあってもスピードが
足りない気がします。

・デンコウアンジュ

アルテミスSはメジャーエンブレムを
破る大金星。しかし、そこからが不振。
牝馬3冠ローテだけでなく、
エリザベス女王杯まで出走。
ハンデ戦G3に出しても良かったですね。
ただ、距離はこの辺が合っていそうです。
前走は人気以上に走れていますので、
まだ見限りは早いかもしれません。

・ショウナンアデラ

牝馬にケガのような頓挫があると、
大体はその後は不振になります。
G1馬であっても例外ではありません。
レーヴディソールもそうでしたね。
これは牡馬よりもピークが早い、
というのが一因です。

2走前の福島テレビオープンは
急坂コースではないので、
ここでもう少し上位入線が
欲しかったですね。
混合の中山重賞参戦は無茶でした。
スポンサーサイト


にほんブログ村 競馬ブログ 競馬初心者向けアドバイスへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

信頼と実績
競馬総本舗ミリオン

コメント

コメントを残す

Secret