スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


にほんブログ村 競馬ブログ 競馬初心者向けアドバイスへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

信頼と実績
競馬総本舗ミリオン

中央競馬 4,5着実績

NHKマイルカップ2着のリエノテソーロは
前走4着。ヴィクトリアマイルの2着の
デンコウアンジュも前走4着。
もしかしたらこれは偶然では
ないかもしれません。
馬の能力が拮抗している場合、
騎手の技量が大きく左右されます。
つまり、馬主次第では・・・ということですね。
まだ仮説やオカルトの段階かもしれませんが、
本当にこの理論が使えるかもしれませんね。
スポンサーサイト


にほんブログ村 競馬ブログ 競馬初心者向けアドバイスへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

信頼と実績
競馬総本舗ミリオン

2017年5月6日 京都12R

2017年5月6日 京都12R

シンガリ人気、ブービー人気が絡む大波乱。
長年競馬をやっていますが、
200倍台が2頭も絡んだのは記憶にありません。


にほんブログ村 競馬ブログ 競馬初心者向けアドバイスへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

信頼と実績
競馬総本舗ミリオン

2017年・新潟大賞典(G3) 展開予想

◎メートルダール

前走と3走前では時計の差が歴然と
していますね。
ここは軸として良いと思います。
勝ち負けでしょう。

〇ジュンヴァルカン

先行するには良さそうな枠ですね。
4走前がかなり速いタイムでした。
その時より斤量が2キロ重くとも、
時計は十分速い計算です。
1800mでも好走歴がありますし、
2000mのここでもやれそうですね。

▲サンデーウィザード

内すぎる気がしないでもないですが、
京都2000mでは1分57秒台を持っています。
そのコースは直線が短いのですが、
直線が日本一長いこのコースなら、
持ち味を遺憾なく発揮できそうです。

△シャドウウィザード

2走前、4走前でこの斤量なら、
OPに勝ち上がっていたかもしれません。
速いタイムは2015年~2016年。
本格化は既にされているので、
大きな上澄みは見込めませんね。
ただ、左回りは合っていそうです。
軽ハンデを生かしてどこまで。

☆パリカラノテガミ

あっと言わせた前走。
この馬、実は2000mでは、
2分を切ったことが1回しかありません。
成長株かもしれませんね。
父の父は左回り得意なトニービンですし。
4走前では33秒台の末脚がありました。

-シャイニープリンス

去年は3着ですが、先行しそうなこの枠で、
負けた前走から斤量が変わっていません。
去年もステップだった福島民放杯で、
今年は掲示板外となった事実は厳しいです。

-レッドソロモン

ハンデ戦の前走から軽ハンデの恩恵なし。
左回り実績もないので軽視でしょう。
アンドロメダSより1キロ増えていますしね。
開幕2週目なので、もう少し内が欲しかったです。

にほんブログ村 競馬ブログ 競馬初心者向けアドバイスへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

信頼と実績
競馬総本舗ミリオン

2017年・京都新聞杯(G2) 展開予想

◎インヴィクタ

2勝馬。1勝馬より強いのは当然ですね。
押し出されて人気しそうな感があります。
勝つ可能性が一番高い馬というよりも、
3着以内が一番堅い馬と言った方が
正しいです。
先行も差しもできそうなのが強みです。

〇サトノリュウガ

レース間隔は空いていますが、
全て掲示板の堅実さは買えそうですね。

▲サトノクロニクル

前走はイブキに負けましたが、
末脚はしっかりしていました。
新馬戦と未勝利戦は共に1800mですが、
後者はやや重でのタイムで、
確実に成長していますね。
今回は前回と同じで少数頭。
速いタイムは出ないと思います。

△ミッキースワロー

2200mで圧勝。2000mでの時計も速い。
問題は若手騎手。血統からも言えますが、
これくらいの距離が合っていそうです。

△プラチナムバレット

外寄りの枠になってしまいました。
現状では2200mは長いかもしれません。
1800mでの末脚がいいものを持っています。
適性距離はこの辺りでしょう。

-ダノンディスタンス

後の皐月賞4着馬、クリンチャーに大敗。
少数頭でのこの成績はいただけませんね。

-ウインベラシアス

未勝利を勝ち上がるのに7戦を要しました。
先行得意の松山騎手でも、さすがに厳しいか。

にほんブログ村 競馬ブログ 競馬初心者向けアドバイスへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

信頼と実績
競馬総本舗ミリオン

2017年・NHKマイルカップ 展開予想

牝馬が4頭。過去に例を見ないですね。
2000年は3頭出走。1頭も絡まず。
2001年は12番人気のサマーキャンドル。
2005年は1番人気のラインクラフトと
10番人気のデアリングハート。
2007年は17番人気のピンクカメオ。
2009年は13番人気のグランプリエンゼル。
牝馬は人気馬も人気薄馬も注意です。

◎ボンセルヴィーソ

この枠ならすんなりと先行できますね。
重賞での安定感。のっている松山騎手ですし、
3着以内は手堅いと思います。

〇モンドキャンノ

2走前は差して2着ですが、
この枠なら先行することもあり得そうです。
1800mは明らかに長かったですね。
3歳のG1でこの距離なら、
押し切っても不思議はないでしょう。

▲カラクレナイ

前走はやや重で15番手から追い込んで4着。
良馬場ならきわどかった可能性はあります。
枠が厳しいので、勝つことはないでしょう。

△アエロリット

東京マイルのタイムが速いですね。
ただし1勝馬なので多くは求められません。
8枠も良いとは言えないですね。
横山騎手は2009年・レッドスパーダで2着。
その年に勝ったのはNZT3着だった、
10番人気のジョーカプチーノです。
ボンセルヴィーソと関係あるかもしれませんね。

△タイムトリップ

追い込みが得意なこの鞍上なら、
前走のような出遅れはないでしょう。
スタートがまともなら、
重賞でも勝ち負けしそうな器ですね。

☆レッドアンシェル

前走は皐月賞2着のペルシアンナイトに完敗。
ただ、まだキャリアが浅く、
朝日杯FSで負けた事は
いい経験になっていそうです。
将来性に期待したいですね。

-プラチナヴォイス

マイル未勝利ですが、
2014年・キングオブザサンはマイル未経験で
12番人気3着。
スプリングSを使っている馬はこのレースでは
好相性ですね。
ただ、石川騎手ではG1ではさすがに厳しい。

-アウトライアーズ

2000mで33秒台の末脚。
ここでは距離が短そうです。
枠はもう少し外が良かったかもしれません。

-ジョーストリクトリ

この騎手とは手が合っていないように思います。
2走前は、積極的に前に行かないと
いけなかったのに、逃げずに馬群に包まれて
何もできずに終了でした。
枠も良かったですからね。
NZTはとてもレベルが低かったですね。
この馬はG1級とは思えません。

-リエノテソーロ

まずはローテーションです。
ダートG1馬でアネモネSからの
このレースは、誰の目から見ても
不可解でしょう。
全日本2歳優駿で負かしたシゲルコングは、
5/4のG2・兵庫チャンピオンシップで馬券外。
G1のメンバーはとても弱い相手だったようです。
さらにアネモネSで負けたライジングリーズンは
桜花賞で大敗。芝では重賞級ではなさそうです。
関東オークスやジャパンダートダービー辺りを
狙うべきでしたね。

-ディバインコード

京王杯2歳S、アーリントンカップでは、
共に後のG1・2着馬相手に完敗。
勝った前走OPの2着馬は11番人気。
G1では厳しそうです。

にほんブログ村 競馬ブログ 競馬初心者向けアドバイスへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

信頼と実績
競馬総本舗ミリオン

2017年・駿蹄賞(SP1)(名古屋競馬)

2017年・駿蹄賞

2着に前走5着のマルヨアキト、
3着に前走4着のゴールドブレードが入り、
三連単120万超えの大波乱。
名古屋競馬でこの大波乱は滅多にありません。

にほんブログ村 競馬ブログ 競馬初心者向けアドバイスへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

信頼と実績
競馬総本舗ミリオン

2017年・かしわ記念 予想

メンバーが揃いましたし、10頭と少数頭。
地方所属馬の出番はなさそうですね。

◎ベストウォーリア

4歳馬のゴールドドリームと対等に
渡り合える力はまだありそうですね。
マイルチャンピオンシップ南部杯では
13番枠から先行して勝ち馬と0.3秒差。
前走は差してますし、斤量は据え置き。
この枠なら頭を狙えそうですね。

〇ブラゾンドゥリス

距離延長になりますが、
既に条件戦でのマイル実績はあります。
黒船賞では8枠勝利実績はありませんでしたが
勝ちましたね。斤量が1キロ増になりますが、
上位争いは可能でしょう。

▲コパノリッキー

枠が内すぎるのが気になります。
能力も落ちていそうですね。
以前から中央でのダートG1は
通用していません。
それどころか地方G1でも馬券外に
なってきました。ここで通用しなければ、
もう勝てないでしょう。

△インカンテーション

コパノリッキーと同じく、
中央のG1ではマイルで通用する力は
なさそうです。
しかし、ハンデ戦でのマーチSでは、
57.5キロを背負わされました。
このハンデはJRAのハンデキャッパーが
決めるものなので、JRA関係者から見て、
まだ能力はあるということですね。
その考えに乗ってみます。

-モーニン

既にG3で通用していませんね。
現能力でマイルG1では厳しそうです。

-リッカルド

枠と距離が疑問です。
エルムS勝ちはフロック視。

三連単7→1,2,8→1,2,8

にほんブログ村 競馬ブログ 競馬初心者向けアドバイスへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

信頼と実績
競馬総本舗ミリオン

2017年・兵庫チャンピオンシップ(G2) 予想

兵庫チャンピオンシップ 過去10年

荒れたのは2011年のみで、交流重賞らしく、
JRA所属馬が圧倒。
その2011年も、勝ったのは、
元・地方騎手の岩田騎手で、
2着も地元のエース、木村健騎手。
3着は1番人気のJRA所属馬でした。
兵庫を知る騎手が上位入線しそうです。

◎リゾネーター

前走OPでは、外寄りの枠から勝利。
重賞でも通用しそうな器ですね。

〇タガノディグオ

1800mでは時計最速。
追い込み脚質ですが、
マクリ気味に位置を上げれば
上位争い可能ですね。

▲クイーンマンボ

内寄りの枠がイマイチ。
時計は、2走前に比べて3秒以上
詰めており、順調に成長していそうです。
牝馬はあまり良くないレースですが・・。

△ナチュラリー

地元騎手が騎乗。
菊水賞を勝ったマジックカーペットは
3歳の中では強い方でしょう。
地元騎手の意地が見られるか・・?

-ノーブルサターン

持ち時計がもう一つなのと、
先行するには微妙な枠。
差せていないのが厳しいです。

-シゲルコング

この距離は長そうですね。

三連単11→7→1、11→7→9

にほんブログ村 競馬ブログ 競馬初心者向けアドバイスへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

信頼と実績
競馬総本舗ミリオン

2017年・新潟大賞典(G3) 有力馬の考察

・メートルダール

前走のタイムが速いです。
斤量も1キロ減。
左回りは強そうですね。
軸候補と考えて良さそうです。

・ジュンヴァルカン

2200mの三田特別では速いタイム。
日経賞では距離が長かったように思います。
左回りは未勝利ですが押える必要は
ありそうです。

・クラリティスカイ

末脚を見ると、1600mが得意で、
1800mや2000mはこなせる程度です。
この距離で開幕2週目の馬場では
対応できるかどうか疑問があります。

・フルーキー

去年2着。近走は人気を裏切っています。
往年の力は既になさそうな印象ですね。
57.5キロは現能力では厳しいでしょう。

・サンデーウィザード

前走は福島2000mで直線が短いのに、
位置取りが後ろ過ぎでした。
しかし、高速時計に対応できているので、
今回は直線の長さがプラスと出るでしょう。
穴候補として考える必要がありそうです。

・シャイニープリンス

去年は福島民放杯を圧勝して3着。
今年は人気を裏切っていますね。
2000mでも好走していますが、
本質的にはマイラーだと思います。

・ハクサンルドルフ

前走、ようやく準オープンの特別戦を
勝ち上がり。時計も速かったですね。
1ハロン延長でどうなるかは未知数です。
左回りが未勝利なのが気がかりですね。

・ロンギングダンサー

56キロの斤量はこの馬には重いですね。
去年の新潟記念ほどのパフォーマンスは
望めないでしょう。

にほんブログ村 競馬ブログ 競馬初心者向けアドバイスへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

信頼と実績
競馬総本舗ミリオン

2017年・京都新聞杯(G2) 有力馬の考察

出走予定馬

能力の接近した馬が集まりました。
軸の固定は難しそうな気がします。

・インヴィクタ

フローラSの1着、2着がハービンジャー産駒。
中距離ではこの産駒が好調ですね。ただ、
この馬のレースレベルはどれも低いですね。
若葉S勝ちのアダムバローズは皐月賞で大敗。
梅花賞も決してレベルは高くないです。

・サトノクロニクル

水仙賞で負かされたイブキは青葉賞で大敗。
父・ハーツクライはこのレースを制していますが、
血統の裏付けだけでは厳しいように思います。

・プラチナムバレット

1800m~2000mが得意そうですね。
父マンハッタンカフェは京都のイメージあり。
1ハロン延長で果たしてどうか。
速い時計は出ているので本格化はしていそう。
毎日杯では皐月賞馬アルアインに完敗でした。

・サトノリュウガ

福寿草特別のレースレベルが疑問。
出走間隔も空いていますね。
好調のハービンジャー産駒ですが、
1ハロン延長がどう出るかでしょう。

・ダノンディスタンス

若駒Sの2着は一見すると良績に思えます。
しかし、5頭立てで2着は15頭なら6着相応。
それ以外のレースレベルも低いので、
ここでは苦戦しそうです。

・ゴールドハット

父ハットトリックはマイルCSを勝っています。
この馬もマイルの成績のみ。しかも1勝です。
静観妥当でしょう。

・ミッキースワロー

父・トーセンホマレボシはこのレースを
好タイムで制覇しています。
2000mでは速いタイムを持っていますね。
しっかりとした末脚があり、成長著しいです。
重賞未勝利の若手騎手が、さてどうかですね。
穴候補としては面白い存在です。

にほんブログ村 競馬ブログ 競馬初心者向けアドバイスへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

信頼と実績
競馬総本舗ミリオン


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。