スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


にほんブログ村 競馬ブログ 競馬初心者向けアドバイスへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

信頼と実績
競馬総本舗ミリオン

2017年 4-6月 的中実績

2017年・天皇賞(春) 展開予想

◎キタサンブラック、▲シュヴァルグラン、〇サトノダイヤモンド
で的中でした。

シュヴァルグランはサトノダイヤモンドに勝てないという、
憶測がなければ完璧な予想でした。
私の想像以上に枠や距離が影響したようですね。
シュヴァルグランは去年より先着。
陣営の言う成長している、は間違っていないようです。
次のG1でも買えるかもしれません。

これが嬉しい、今季初のG1的中となりました。
スポンサーサイト


にほんブログ村 競馬ブログ 競馬初心者向けアドバイスへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

信頼と実績
競馬総本舗ミリオン

2017年・天皇賞(春) 回顧

勝ったのはキタサンブラック。連覇達成でした。
ヤマカツライデンが大逃げを打つ中、
慌てず騒がずの2番手待機。
シャケトラはレース発走直後、
かかってしまいました。この時点でレース終了。
ローキャリアも響いたはずです。
競争馬というのはデビューして間もない頃は
気性が荒くとも、レースを重ねるにつれ、
少しずつ改善されていくものですしね。
G1未経験でのこのコース出走は
甘い考えだったかもしれません。

サトノダイヤモンドは道中は中団でした。
最後の直線で、アドマイヤデウスを差せないか?と、
思わせる場面がありました。

アドマイヤデウスは2年前の
同レースで大敗しています。
あの時はサトノダイヤモンドと同じ8枠でした。
今回は中枠から先行して、先頭集団に居ました。
この馬が4着に残りましたので、
これは枠の恩恵でしょう。

サトノダイヤモンドはシュヴァルグランにまで
先着を許してしまったので、枠もありますが
やはり距離ではないかと思います。
ディープインパクト産駒はこのレースを
まだ勝っていません。気性が荒い馬が多く、
距離が持たないのでしょう。
内寄りの枠に居て勝てたかどうかは微妙です。

過去10年で1番人気は(0-0-1-9)に
翻弄された人は多かったかもしれませんが、
私はなぜこのデータになっているのかを
理解していましたので、
キタサンブラックに◎を打てました。その反面、
1枠は5勝のデータに惑わされたのは失敗です。
距離未知数のシャケトラは無地にすべきでした。
三連複は的中したのですが、
あまりに堅過ぎる決着だったので、
大したプラスになりませんでした。
まだまだ勉強が必要のようです。

にほんブログ村 競馬ブログ 競馬初心者向けアドバイスへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

信頼と実績
競馬総本舗ミリオン

2017年・青葉賞(G2) 回顧

スタート直後、ダノンキングダムは3番手。
ポポカテペトルは道中、5-6番手に居ました。
先行にしてはちょっと後ろ目の印象でした。
この位置取りは直線で影響したかもしれません。
アドミラル、ベストアプローチは後方待機。

前半1000mが59秒台だったので、
ペースがちょっと速かったようですね。
ダノンキングダムは最速タイムを持っているにも
関わらず、残り800m辺りで失速。
内田騎手はフローラSのディーパワンサに
続いて見せ場なしでした。
トリコロールブルーは残り400m地点で
余力なしでした。この距離は長かったようです。
ポポカテペトルはアドマイヤウイナーにも
ハナ差負け。
典型的な前崩れでしたね。
勝ったアドミラルは貫禄勝ち。
決着タイムは2分23秒台でした。
ダービー馬候補の1頭になりましたね。
波乱含みのオッズの割れ方でしたが、
1-4-8番人気でも三連単は1万円以内。
アドミラルから広く流されたと推測できます。

にほんブログ村 競馬ブログ 競馬初心者向けアドバイスへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

信頼と実績
競馬総本舗ミリオン

2017年 ・クイーンエリザベスII世カップ 予想

netkeibaの情報では通過着順がないので、
展開予想できず。
今年の香港ダービーを勝った、
ラッパードラゴンは強そうですが、
香港ダービーでのタイムは速くはないですね。
その馬に3連敗のパキスタンスターは
果たして強いのでしょうか。
ワーザーの2016年の香港ダービーの方が
時計が速いんですよねぇ・・。
というわけで過去10年のデータから考えてみます。

◎ネオリアリズム

サトノクラウン、ヴィヴロスと海外G1を
2勝したモレイラ騎手なら軸にできそうですね。

○シークレットウェポン

香港ゴールドカップ組は強いですね。
ゲート番号の8番はよく絡んでいますし、
シークレットウェポンは外せませんね。

▲ブレイジングスピード

ヴィヴァパタカは2007年~2009年まで
3年連続3着以内。
今回ではブレイジングスピードですね。
ゲート番号の7番はよく絡んでいます。

△ワーザー

ゲート番号の2はイマイチな実績。
外枠有利のような気がしますが、
どうなんでしょう・・。
能力はまだありそうなので押えるべきですね。

-パキスタンスター

無敗の2017年・香港ダービー馬の
ラッパードラゴンが居ないので
相手比較ができません。
様子見でいいかもしれませんね。

にほんブログ村 競馬ブログ 競馬初心者向けアドバイスへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

信頼と実績
競馬総本舗ミリオン

2017年・青葉賞(G2) 展開予想

順当ならデムーロ騎手が勝ち負けでしょうが、
去年勝っている内田騎手に期待してみます。

◎ダノンキングダム

この枠なら先行でも差しでも
どちらでも行けそうです。
福寿草特別で負けた相手は
そこそこのレベルでした。
前走はメンバー中、同距離の一番時計です。

○アドミラブル

前走で負かしたアドマイヤロブソンは
すぐに条件戦を勝っています。
やや重で上がり33.5秒は余力十分。
速い時計が出てもやれそうです。
馬場が悪化しても問題ないでしょう。

▲ポポカテペトル

先行して34秒台前半の上がりなら、
さらに速い時計でも対応できそうですね。
鞍上強化で上位争いを期待。

△トリコロールブルー

スプリングS組は弱く、皐月賞では
全て8着以下でした。
母父のピヴォタルは短距離血統。
ファンディーナと同じですね。
距離が長い可能性があるかもしれませんが、
ファンディーナと違って、
2000mでは勝ち星がありますし、
マイルイメージのない、
ステイゴールド産駒です。
多少は期待できるかもしれません。

-アドマイヤウイナー

デムーロ騎手を背に連敗。
両方ともレースレベルは低いですね。
前走のタイムは速い方です。
母父のダンスインザダークは非根幹距離が
強いイメージです。
(非根幹距離は1400m、1800m、2200m等、
400で割れない距離です)
今回は根幹距離なのでどうでしょうか。

-マイネルスフェーン

未勝利を勝利までに5勝。
それも7月デビューです。
ホープフルSのレイデオロは皐月賞5着。
勝った東京2000mは末脚が今ひとつ。
2週目の高速馬場に対応できるかは疑問です。
レース間隔が空いているのも厳しいですね。

-ベストアプローチ

弥生賞では皐月賞3着の
ダンビュライトにハナ差。
左回りのセントポーリア賞で負けた事と、
速い時計を持っていないことは厳しい材料です。

-イブキ

先行馬には厳しい枠もそうなのですが、
速い時計を持っていないのが気になります。
新潟2歳Sでは牝馬に負け、
レベルの低い京成杯では大敗。
静観妥当だと思います。

にほんブログ村 競馬ブログ 競馬初心者向けアドバイスへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

信頼と実績
競馬総本舗ミリオン

2017年・天皇賞(春) 展開予想

キタサンブラックが3番。また内・・・?
フェノーメノやテイエムオペラオーは
ここを連覇していますし、
この枠なら勝つこともあり得ますね。

対するサトノダイヤモンドは8枠。
去年のゴールドアクターが沈んだ8枠でもあり、
三冠馬・オルフェーヴルが
大敗した8枠でもあります。

ダービーと同じで極端に内枠が強い傾向です。
1枠だけで過去10年で5勝です。
キタサンブラックは2000mの大阪杯を
ステップにしています。去年勝っているとはいえ、
6ハロン延長なので、折り合いはカギでしょう。

強力な先行馬が集まりましたが、
先行が得意な上位騎手が集まっていますので、
総崩れは考えにくいです。
サトノダイヤモンドに向くレース展開になっても、
相手は先行馬の可能性が非常に高いです。

◎キタサンブラック

この枠ならアクシデントがなければ、
3着以内は堅いでしょう。
連覇も考えられそうです。

○サトノダイヤモンド

有力馬が内に居る関係で、
この枠では勝ち負けまでは厳しくなりました。
しかし、阪神大賞典組のタイムは
菊花賞よりも速く、開幕2週目の高速馬場には
対応できる見込みです。ただし、
1ハロンの距離延長は間違いなく影響するでしょう。
イスラボニータで重賞を勝った鞍上なら。

▲シュヴァルグラン

この馬も内寄りの枠を引きました。
前走はサトノダイヤモンドに迫る2着でした。
差すのであれば、
シャケトラよりは恵まれた枠と言えます。
58キロで勝った経験に加え、
陣営が言うには、これからまだ強くなる可能性が
あるらしいです。あとは鞍上次第ですね。

△シャケトラ

絶好枠を引きました。3キロ増の斤量を
乗り越えるためには良い枠が必須。
ここなら距離延長でも、
勝負になるかもしれません。
距離未知数で700m延長になりますので、
先行することはないでしょう。
中団に控えてサトノダイヤモンドより
前につければ上位入線もあるかもしれません。

2009年・マイネルキッツやアルナスラインも、
日経賞をステップに内寄りからワンツーでした。
ただ、あの時は今年より1秒以上も時計が速く、
2分31秒台でした。今年は日経賞組よりも、
阪神大賞典組の方が時計が速いですね。
ですが、4歳馬は押えておきたいです。
2007年のエリモエクスパイアは大外でも
2着に入っています。
しかし、強力なメンバー相手に内差しでは、
さすがに厳しいでしょう。
ローキャリアも引っかかる点ですね。

☆ゴールドアクター

中枠を引きました。鞍上は強化ですが、
無理に行くと確実に最後の脚に影響しそうです。
前走は4歳馬に負けてしまいました。
あっても3着まででしょう。

横山騎手がゴールドシップで勝った時より、
明らかに相手が強いですね。
2014年の1番人気・キズナは距離が未知数で、
人気が先行して押し出されただけの馬でした。
2着馬との着差もなかったので、
メンバーに恵まれた感はありますね。

-アルバート

前走は58キロを背負って
良い末脚で勝利しましたが、
レース間隔が空いている分は割引きでしょう。
去年はルメール騎手で負けているので、
ちょっと厳しいですね。
相手が強いと思います。

-トーセンバジル

58キロという初斤量。
阪神大賞典でこの斤量ならタマモベストプレイと
際どかったことになります。
成長度合いがポイントですね。

にほんブログ村 競馬ブログ 競馬初心者向けアドバイスへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

信頼と実績
競馬総本舗ミリオン

2017年・青葉賞(G2) 有力馬の考察

出走予定馬

このレースはダービーと距離が同じで、
トライアルレースです。
しかし、ここをステップにした馬は
全て本番では勝っていません。
1-2着に入らなかった馬は、
本番で除外して良いでしょう。

毎日杯組が居ないのが難解です。
ここを使った馬は人気しますし、強いです。
なぜならば皐月賞を捨てて、ダービーに
照準を定めたローテーションで、
ダービーへの本気度が高いためです。
皐月賞組が弱いのは、G1で負けたから、
今度はダービーの権利獲り、というほど
甘くはないということです。
間隔の詰まったここを使うくらいなら、
プリンシパルSを使う方がいいですね。

・アドミラブル

1800mで速いタイムを持っているので、
既に本格化していそうです。
2400mも圧勝。ただし、時計は遅いですね。
適性距離はもう少し短いかもしれません。
左回りは未経験です。

・トリコロールブルー

スプリング賞の上位は全て皐月賞で馬券外。
負けた相手は弱かったということですね。
この距離で見直せるかどうかですね。
父ステイゴールドには、2012年に
ここを勝ったフェノーメノが居ます。
東京で勝っていますね。

・ポポカテペトル

2400mではアドミラブルよりも速い時計あり。
左回りは未経験ですが、
鞍上はルメール騎手ですし、
陣営の本気が伺えます。
上位争いできそうな感じですね。

・マイネルスフェーン

ホープフルS、京成杯と相手が弱いです。
ホープフルSを勝ったレイデオロは皐月賞5着。
7月デビューなのに、未勝利も勝利までに
5戦を要しました。
レース間隔が空いているのも厳しい材料です。

・イブキ

この馬も京成杯で大敗。前走の時計は遅く、
開幕2週目の馬場に対応できるかがカギです。
ルーラーシップ産駒で、左回りは得意でしょう。

・ニューアプローチ

弥生賞では馬券内を外れて、
惜しくも4着に敗れました。
弥生賞3着のダンビュライトは、皐月賞3着。
その馬と鼻差なら、弱い世代とはいえ、
能力は高い方と言えます。
東京コースで勝てていないのは気がかりですね。

・ダノンキングダム

東京2400mコースでメンバー中、時計最速。
去年、ヴァンキッシュランで勝った内田騎手ですね。
この馬は買っていました。
フローラSでは見せ場なしだった同騎手ですが、
再度狙ってみたいですね。

・アドマイヤウイナー

前走の時計は速いですが、
オープンクラスの出走レースは
レベルが低いですね。
血統的に重賞は厳しいかもしれません。

にほんブログ村 競馬ブログ 競馬初心者向けアドバイスへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

信頼と実績
競馬総本舗ミリオン

2017年・天皇賞(春) 有力馬の考察

登録馬

・キタサンブラック

距離が不安視されていた前走を
危なげない勝利。
完全に杞憂に終わりましたね。
2000mのG1で勝てるなら、スピードは
まだ大丈夫です。

2016年・有馬記念では、
3歳馬のサトノダイヤモンドにやられましたが、
去年は勝っていますし、上位は確実ですね。
勝つかどうかは枠も影響するでしょう。

・サトノダイヤモンド

ディープインパクト産駒の中でも
トップクラスの成績です。
ジェンティルドンナが同産駒では
実績1位ですが、残念ながら牝馬です。
G1をあと何勝か出来る素材ですね。
3200mの初距離が課題ではあります。
三冠馬のオルフェーヴルですら大敗しました。
菊花賞と有馬記念と阪神大賞典を
勝った4歳馬でも、ゴールドシップのように
馬券外に成りえるレースです。
ゴールドシップは横山騎手でここを
勝ったように、敗因は騎手と思われます。
ルメール騎手ならやってくれるでしょう。

・シャケトラ

2008年のアドマイヤジュピタは1000万下から
ハンデG2を勝ち、阪神大賞典も勝ち、
そのままG1を戴冠しました。
そのアドマイヤジュピタよりもローキャリアで
一気に駆け上がってきたのがこの馬です。

前走の時計は悪くないのですが、
少々、荒れてしまいました。
負かした相手も乗り替わりのミライヘノツバサ、
3着は2年前から重賞を勝っていない、
アドマイヤデウスです。未知数なのは距離。
父のマンハッタンカフェは現役時にここを勝ち、
産駒のヒルノダムールもここを勝ちました。
距離をこなしてくれる可能性はありますが、
馬券内に飛び込めるかどうかは分かりません。
前走のレースレベルは引っかかりますが、
同産駒は京都重賞は強いので、
完全無視までは危険でしょう。
田辺騎手は2014年・ホッコーブレーヴで3着。
決して長距離のイメージはないですが・・。

・シュヴァルグラン

前走の直線では、サトノダイヤモンドに
迫って2着。一瞬、かわしたかと思った時に
突き放されました。
サトノダイヤモンドに勝てる可能性は、
ほぼ0でしょうね。

福永騎手は2007年・エリモエクスパイアで2着。
まだここでの勝ち星はありません。
2005年はリンカーンに騎乗し、1番人気6着。
翌年、横山騎手に乗り替わって2番人気2着。
上位入線は鞍上次第のような気がします。

・レインボーライン

前走はまさかの馬券外。
マイルで速いタイムを持っているので、
本格化はしているでしょう。
ここはステイゴールド産駒は相性がいいですが、
もしかしたら距離が長いかもしれません。

・ゴールドアクター

前走は掲示板確保がやっとでしたね。
吉田隼人騎手は去年はここを1番人気で
沈んでいます。
前走は騎手に責任がある可能性が
高いですね。枠も関係はしていますが・・。
条件戦から乗り替わって居ないだけに、
陣営の苦渋の決断であると同時に、
勝負レースでもあります。
ゴールドシップが横山騎手に乗り替わりで
勝ったように戴冠できるでしょうか?
同レースでは最後のチャンスでしょう。

・アルバート

ステイヤーズSを連覇は立派でも、
天皇賞(春)とは関連性が低いレースです。
むしろ、使わない馬が強いレースですね。
ステップのダイヤモンドSはハンデ戦です。
同レースを勝ったフォゲッタブルは1番人気で
ここを沈んでいます。
川田騎手はビッグウィークで菊花賞を
勝っていますが、アドマイヤデウス同様、
G1では通用していません。
去年はルメール騎手で6着だったので、
この辺りが限界だと思います。

・ディーマジェスティ

前走は中山巧者の蛯名騎手で大敗。
距離延長でのここは無謀でしょう。
2013年のフェノーメノがここを勝てた時は
日経賞を1番人気で勝っています。
本番を勝ってステイヤー適性を証明できたので、
故障明け叩き2戦目で連覇できたわけです。

2015年・天皇賞(春)のカレンミロティックは、
前走・阪神大賞典4着で枠は内枠でしたね。
1番人気のキズナは距離不安で、
メンバーに恵まれた感は否めません。

菊花賞4着が一つの判断材料ですが、
私はマイラーではないかと見ます。
菊花賞はスピードだけで上位入線できます。
マイラーズカップ2着のエアスピネルが
いい例です。

・トーセンバジル

フローラステークスの1・2着は
ハービンジャー産駒。
産駒が走り出して間もない頃は、
産駒は長距離とスポニチ関西版に
ありました。しかし重賞実績は
明らかに2000mに偏っています。
阪神大賞典では好走しましたが、
メンバーの揃ったここでは厳しそうですね。
2008年アサクサキングスは四位騎手で
1番人気3着。
2009年では阪神大賞典を勝ちながらも
1番人気9着でした。
騎手的にもちょっと厳しいでしょう。

にほんブログ村 競馬ブログ 競馬初心者向けアドバイスへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

信頼と実績
競馬総本舗ミリオン

2017年・クイーンエリザベスII世カップ 出走馬考察

香港所属馬はせん馬ばかりです。
日本のG1を勝った、
サイレントウィットネス、
テイクオーバーターゲット、
エアロヴェロシティ等はせん馬ですね。
これは香港競馬に繁殖の概念が
ないためらしいですね。
欧州より馬を購入して走らせるようです。

データ分析
出走馬一覧

・ネオリアリズム

G1未勝利ながら海外G1に挑戦。
もはや最近の日本馬のトレンドですね。
ルーラーシップは国内G1・未勝利で
勝っていますし、心配は無用です。
騎手はサトノクラウンで香港ヴァーズを勝った、
モレイラ騎手。ムーア騎手と並んで、
助っ人としては最強クラスです。
彼なら期待できますね。
札幌記念では、後の天皇賞秋馬・モーリスを
撃破。ネオユニヴァース産駒は、
1800mイメージが強いですが、
距離は大丈夫でしょう。

・ザユナイテッドステイツ

オーストラリアでしか走っていませんね。
海外輸送は懸念されますね。
7歳馬にして初の香港競馬。
前走・クイーンエリザベスSでは人気なり。
厳しいかもしれません。

・デザインズオンローム

香港カップではモレイラ騎手で馬券外。
近走も振るわず。往年の力はなさそうですね。
ムーア師の馬は強いらしいですが、果たして。

・シークレットウェポン

日本馬には和訳のヒミツヘイキという馬が
居まして。・・・余談でしたね。
7歳にしてG1未勝利ですが、
騎手はZ.パートン騎手。
先述のエアロヴェロシティで、
2015年・高松宮記念を勝った騎手ですね。
昨年の暮れも香港スプリントを勝ちましたね。
シークレットウェポンは同コースの
香港カップで2着。穴候補かもしれません。

・ディクトン

前走、フランスダービーから、
大きく間隔が空いています。
騎手は日本でお馴染みだった、O.ペリエ騎手。
同騎手は2015年・ガネー賞以降、
G1を勝てていません。
静観が妥当でしょう。

パキスタンスター

ウマニティより情報拝借。
JRAの過去10年のデータより、
香港ダービー組は強そうですね。
同レースはリステッドレース(準重賞)
という格付けで、
香港一の賞金を誇るレースのようです。
強力な相手かもしれませんね。

・ブレイジングスピード

8歳馬。香港ゴールドカップで2着。
勝ち馬のワーザーとは頭差でした。
ただ、同距離G1を勝ったのは2年前。
まだ能力があるかどうかですね。

・ワーザー

去年の香港ダービーを勝利。
そのまま去年のこのレースを勝ったようです。
前走の敗戦は斤量もしくは
距離かもしれないですが、
2走前にG1を勝っているところを見ると、
まだまだ能力はありそうです。有力視ですね。

にほんブログ村 競馬ブログ 競馬初心者向けアドバイスへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

信頼と実績
競馬総本舗ミリオン

2017年 4-6月 的中実績

2017年・マイラーズカップ 展開予想

△イスラボニータ、◎エアスピネル、
△ヤングマンパワーで的中ですね。
4着には▲ブラックスピネルが入りました。
1点100円の3連複ボックスなら、
1000円→2910円でしたね。
4-8-11の三連複が6.5倍なので、
トリガミを嫌って買えなかったです。

にほんブログ村 競馬ブログ 競馬初心者向けアドバイスへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

信頼と実績
競馬総本舗ミリオン


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。