2017年・マイラーズカップ(G2) 展開予想

去年は見事なまでに内寄り決着の波乱。
開幕週なので、差し馬でも内寄りを
狙った方が良さそうです。

◎エアスピネル

前走よりも枠が良いですね。
同型のブラックスピネルとは枠の差が
あるので、逃げても良いのではと思います。
ブラックスピネルとは斤量差がありましたので、
同斤量なら勝ち負けのはず。

○フィエロ

8歳馬でも能力を維持しているのは、
戦績が23戦と浅いからですね。
前走は100%絡まない自信がありましたが、
それでも掲示板に載れたのは、
内寄りの枠が有利に働いたこともあります。
レッツゴードンキやティーハーフも掲示板でした。

乗り替わりの福永騎手ですが、
同じ開幕週の京都金杯で結果を出しました。
血統の父ディープインパクトが、
マイルで好相性なのはご存知の通りです。

▲ブラックスピネル

京都金杯ではエアスピネルと差のない競馬。
斤量が1キロ増えた前走を勝ちましたね。
成長がうかがえると言っていいですね。
当然、ここでも期待できるでしょう。

△ヤングマンパワー

関屋記念での時計を信頼。
最近、G2を勝った松岡騎手なら。

△イスラボニータ

重賞勝利はまたお預けになりそうな枠ですね。
57キロの斤量も微妙に響くはず。

-ダッシングブレイズ

東京新聞杯以降の成績がもう一つ。
前走は重馬場勝利。開幕週の馬場は疑問。

-プロディガルサン

マイルでは速い時計を持っていません。
G2のここでは厳しそうです。

-クルーガー

骨折明けの出走。1年振りですね。
陣営の心境は、とにかく無事に、のはず。
皐月賞を勝った松山騎手でも静観妥当です。

にほんブログ村 競馬ブログ 競馬初心者向けアドバイスへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

信頼と実績
競馬総本舗ミリオン

2017年・福島牝馬S(G3) 展開予想

トウカイシェーン、ブリガアルタ、
ロッカフラベイビー、ギモーヴ、
ウエスタンレベッカ 、リーサルウェポンと、
格上挑戦が6頭。
別定戦というよりハンデ戦並か。
阪急杯の悪夢が頭をよぎります。
浮上するなら55キロで勝ったことのある馬。

◎フロンテアクイーン

前走は枠が響いたと思います。
同距離の時計は上位です。
1800mは合っていそうですね。
父メイショウサムソンなら最終週の馬場も
行けるはずです。

○クインズミラーグロ

斤量54キロだと1600万下級かも。
前走、2走前がこの斤量の場合、馬券外です。
ただし、武騎手は好調。騎手の力を信頼。

▲トウカイシェーン

中山1800mを55キロで勝ったパワータイプ。
最終週の馬場に合うと見ました。
先行イメージの田中健騎手なら。

△ロッカフラベイビー

1600万下の身分ですが、
前走は55キロで勝っています。
3走前はやや重で上がりが32秒台。
この枠なら末脚を生かせそう。

☆デンコウアンジュ

強い相手と戦ってきたのは良いのですが、
厳しそうな枠ですね。
牝馬のイメージのある秋山騎手でどこまで。
父のメイショウサムソンは最終週に
合いそうなイメージです。

-クロコスミア

外枠に入ってしまったのがマイナス。
前走は枠と馬場に恵まれましたね。

-ペイシャフェリス

先行得意な川須騎手。
ですが、2年前の同レースは大敗。
1800mは長い気がします。

5頭挙げてみましたが、
どうにも決め手に欠けます。
今回はワイド狙いが良いかもしれませんね。

にほんブログ村 競馬ブログ 競馬初心者向けアドバイスへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

信頼と実績
競馬総本舗ミリオン

2017年・マイラーズカップ(G2) 有力馬の考察

・エアスピネル

人馬一体。武騎手の全G1勝利を
逃した馬ですね。
2015年・朝日杯FSを勝ったリオンディーズは
既に引退しています。

菊花賞3着の直後に京都金杯出走は異例。
マイルG1で2着ですし、
理屈では間違っていませんが、
使ったのがハンデ戦なので、
陣営もマイルは疑問視していたと思います。
リオンディーズを引き合いに出したのは
同馬がマイル未経験だったからですね。
ハンデ戦を使った理由は
この辺にありそうです。
東京新聞杯は少数頭もあり、スローな流れで、
末脚が届かずの3着。
枠が悪くても、もっと積極的に前に出れば
勝ちもあり得ました。
マイル適性はあると思いますので、
鞍上次第だと思います。

・イスラボニータ

セントライト記念から重賞を勝てていませんね。
前走は3歳馬のシュウジに負けましたが、
距離短縮で初距離の2着なら、
まだまだ力は衰えていないと思います。
そろそろ重賞を勝ってもいい頃合ですね。
上位争いできるはずです。

・ブラックスピネル

前走は枠を生かして逃げたのが吉と出ました。
デムーロ騎手の逃げ勝ちは滅多にないです。
開幕週の今回も期待できそうです。

・プロディガルサン

上がり勝負ならこの馬なのですが、
開幕週の馬場では届かない可能性が高いです。
中距離の方が良いタイムを持っていますので
金鯱賞を使ったのでしょうが、全くダメでしたね。
この金鯱賞も開幕週でした。

・フィエロ

これだけ重賞で人気して勝てない馬は
そう居ません。
3年前のマイラーズカップは、
1分31秒台でも勝っていません。
当時より時計が落ちていますので、
勝つことはないと思います。

・ヤングマンパワー

G3を勝った松岡騎手に戻りますが、
浮上するには何かきっかけが必要です。
マイルCSでは早々と失速したところを見ると、
京都がどうなのかという疑問はありますが、
私は牝馬重賞の経験が浅い、
鞍上の責任と思っています。
2016年の阪神JFでも、ジューヌエコールは
全くダメでしたしね。
戸崎騎手も重賞ではもう一つ。

関屋記念では速いタイムで勝ちましたので、
高速馬場なら対応できる可能性はあります。
穴狙いならこの馬ではないでしょうか。

・ダッシングブレイズ

末脚勝負の馬にはここでは厳しいでしょう。
マイルが得意な鞍上の浜中騎手ですが、
東京新聞杯では落馬してしまいました。

にほんブログ村 競馬ブログ 競馬初心者向けアドバイスへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

信頼と実績
競馬総本舗ミリオン

2017年・フローラS 有力馬の考察

・フローレスマジック

桜花賞を使わず、ここに参戦。
重賞2着なら賞金は足りていたはずなので、
理由は別でしょう。
マイル実績だけでは何とも言えません。
レース間隔も空いていますしね。
戸崎騎手の重賞不安もありますが、
3着には滑り込んで欲しいですね。

・ホウオウパフューム

こちらには2000m実績があります。
同コースも勝っていますし、
最有力として推したいのですが、
この馬も間隔が空いていますね。

・アドマイヤローザ

ハービンジャー産駒。
ペルシアンナイトが皐月賞で2着に入り、
G1でも通用することが証明されました。
マイルからの参戦で、今回は格上挑戦ですね。
さらに京都経験のみですね。
勝つことはないでしょう。

・ディーパワンサ

ディアジーナでこのレースを勝っている
内田博騎手ですね。
昨日、大井で重賞を勝ちました。
末脚が鋭いので東京コースは合いそうです。
父のディープブリランテも東京コースの
ダービーを勝っていますので、
有力視したいです。
フラワーカップの1着以外の相手は
弱かったですが、
東京コースで変わり身期待ですね。

・タガノアスワド

前走、負けた相手がファンディーナ。
ファンディーナは現在はG3級です。同馬が、
フラワーカップで下した相手は弱かったです。
ここでは相手が悪い気がします。

・ヤマカツグレース

ハービンジャー産駒ですが1勝馬。
距離は未経験。軽視したいですね。
牝馬が得意な池添騎手で
勝ち切れていませんしね。

にほんブログ村 競馬ブログ 競馬初心者向けアドバイスへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

信頼と実績
競馬総本舗ミリオン

2017年・福島牝馬S(G3) 有力馬の考察

・クインズミラーグロ

去年と全く同じ、牝馬3重賞ローテ。
去年よりも着順が向上していますが、
一度、条件落ちしていますし、
重賞ではギリギリ感は否めませんね。
ただし、武騎手は買えます。
最近好調ですし。

・クロコスミア

オープンクラスでは1勝もしていません。
条件戦を勝ったのは1年半前。
デビューは6月。そろそろ厳しそうですね。
マイルでは善戦しましたが、
松若騎手は先行がうまいので、
騎手の力でしょう。馬場も味方しましたね。
ローズSも同じ重馬場でした。
追い込みのイメージのある戸崎騎手ですが・・。

・フロンテアクイーン

前走は条件戦から3秒も遅かったです。
外寄りの枠から内に潜り込めなかったのが
敗因かもしれませんね。
高速馬場でも対応して条件戦を勝ちました。
父メイショウサムソンですし、
最終週の福島は悪くないかもしれませんが、
パワー型牝馬なのかどうかは分かりません。
2走前の時計が出れば上位も。

・ウインファビラス

このコース勝利は未勝利戦以来。6月デビュー。
厳しそうですね。マイルが最適だと思います。

・ウキヨノカゼ

短距離血統馬。前走から1キロ減ですが、
末脚が光りますので、
直線の長いコースの方が合いそうですね。
G1・3着の頃がピークでしょう。

・ロッカフラベイビー

2勝目を挙げたのが1勝目から1年9か月後。
パワーはあってもスピードが
足りない気がします。

・デンコウアンジュ

アルテミスSはメジャーエンブレムを
破る大金星。しかし、そこからが不振。
牝馬3冠ローテだけでなく、
エリザベス女王杯まで出走。
ハンデ戦G3に出しても良かったですね。
ただ、距離はこの辺が合っていそうです。
前走は人気以上に走れていますので、
まだ見限りは早いかもしれません。

・ショウナンアデラ

牝馬にケガのような頓挫があると、
大体はその後は不振になります。
G1馬であっても例外ではありません。
レーヴディソールもそうでしたね。
これは牡馬よりもピークが早い、
というのが一因です。

2走前の福島テレビオープンは
急坂コースではないので、
ここでもう少し上位入線が
欲しかったですね。
混合の中山重賞参戦は無茶でした。

にほんブログ村 競馬ブログ 競馬初心者向けアドバイスへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

信頼と実績
競馬総本舗ミリオン

2017年・東京スプリント(G3) 回顧

レアヴェントゥーレが痛恨の出遅れ。
元々1200m実績が少ないことは
承知していたのですが、
吉原の腕を信じていました。
内田騎手は地元出身ということで、
やはりキタサンサジンが勝ちましたね。
アポロケンタッキーの東京大賞典は
圧巻でしたから。
大井は火曜も水曜も馬場が悪かったです。
その影響もあるのか、内寄りの馬、
全然きていなかったです。
外の先行を買うなら内は差しを買わないと
いけないので、展開予想をしていたなら、
ブライトラインを入れていましたから、
失敗でしたね・・。
ドリームバレンチノを抜いて2番人気に
上がりましたしね。
それでも1400mベストのレーザーバレットは
買えていなかったと思います。
父ブライアンズタイムなので馬場が荒れた
方がいいことは重々承知していました。
ドリームバレンチノはあれが限界でしょう。
東京盃の時は展開が向いたと陣営は
言っていましたから、まぁ仕方ないですね。
園田で好走は岩田騎手の地元という理由で
好走したとしても、
交流重賞ではもう無理かもしれません。

にほんブログ村 競馬ブログ 競馬初心者向けアドバイスへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

信頼と実績
競馬総本舗ミリオン

2017年・東京スプリント(G3) 予想

東京スプリント・過去8年
調教師のコメント

◎キタサンサジン

黒船賞では勝っていない8枠の、
ブラゾンドゥリスが勝利。
このレースも同じく8枠は勝っていません。
奇しくも同じ内田騎手。
今回は少数頭なので8枠でも大丈夫でしょう。
大井では馬場が荒れると外寄りが
よく絡む印象があります。

○ダノングッド

前走に速い時計あり。
1200m実績はなくても、まだ5歳。

▲レアヴェントゥーレ

中央時代に1200mで速い時計あり。
最近でも圧勝していますし、ここでも。

△ドリームバレンチノ

58キロの斤量なら期待できそう。
陣営が弱気なのは気がかりではあります。

-レーザーバレット

陣営が1400mがベストと言ってますね。

-ブライトライン

大井では、馬場が悪いと内枠が
きづらい印象があります。斤量の関係で、
このレースを使ったということですが、
このレースに照準を合わせていた
わけではなく、厳しそうです。

にほんブログ村 競馬ブログ 競馬初心者向けアドバイスへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

信頼と実績
競馬総本舗ミリオン

2017年・皐月賞 回顧

ファンディーナやアルアインは先行して
前に出ました。
クリンチャーも予想通り先行集団。
道中、カデナとペルシアンナイトが内ラチから
伸びるシーンがありましたが、
カデナはペルシアンナイトより後ろに居たため、
ペルシアンナイトだけが
最後に伸びてきましたね。
元の枠の差が出た形です。
差し馬にはやはり内枠は不利でした。
スワーヴリチャードも向こう正面では
中団に居ました。ここから差すのはまず無理。
この時点でレース終了ですね。
マイスタイルは見せ場なく終了でした。
終わってみれば大波乱。
6頭挙げても全部掲示板以下という体たらく。
展開予想の仕方に見直しが必要ではないかと
考えさせられました。
振り返ってみると、カデナやスワーヴリチャードは
内差しの馬なので、G1では厳しかったですね。
本命に推したウインブライトは距離未経験。
ダンビュライトは弥生賞3着だったので、
距離経験がある分、力量が上だったのでしょう。
騎手の能力差や8枠からの差しで
微妙な距離のロスというのもあると
思います。
ペルシアンナイトもアルアインも距離未経験。
さらには中山も未経験。
騎手の腕で上位に持っていった印象です。
ロスが少なかった中枠の馬が、
今回は有利だったようですね。馬が弱すぎる分、
騎手の腕と枠の差が、
波乱の結果に繋がったようです。

後から時計の速いアルアインが気になりました。
そしてペルシアンナイトですが、
中山10レースで人気のデムーロ騎手が
沈んだので、メインで絡むと確信しました。
しかし、購入したのが今日の朝なので、
既に時遅し、でした。
武騎手、デムーロ騎手は皐月賞勝ち、
松山騎手は先行が得意。
騎手のイメージを想定された方は
的中されたかもしれませんね。

ファンディーナはやはり負けました。
これまでの対戦相手は弱かったですしね。
馬単や三連単まで売れていたので、
もしやと考える方は多かったかもしれません。
牝馬はやはり牝馬ですね。
三連単100万の大波乱になるほど
弱いメンバーだったレースで
絡めなかったと言うことは、
血統が影響している可能性がありますね。
私は普通に桜花賞に挑戦すれば、
上位争いだったと思います。

最近のG1は騎手依存ですね。
今後のG1ではそちらにも
注目してみようと思います。
購入もギリギリまで待ちたいですね。

にほんブログ村 競馬ブログ 競馬初心者向けアドバイスへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

信頼と実績
競馬総本舗ミリオン

2017年・アンタレスS(G3) 回顧

ミツバが後ろから行く展開。
この時点で終わったような気がしました。
第3コーナーでは団子状態。
こうなると内寄りの馬が有利ですね。
タムロミラクル、ナムラアラシ、グレンツェントは
外を回すしかありませんでした。
当然、届くはずもなく・・。
グレンツェントは斤量が響いた形ですね。
休養明けで力を出せなかったのかも
しれません。
デムーロ騎手のモルトベーネが勝ちました。
1番人気のルメール騎手は着外。
もう少し上位着順であって欲しかったですね。
明日の皐月賞、レイデオロと
マイスタイルのいずれかが
絡む可能性があるかもしれません。

にほんブログ村 競馬ブログ 競馬初心者向けアドバイスへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

信頼と実績
競馬総本舗ミリオン

2017年 中山グランドジャンプ 回顧

無事に飛越を全て終えたオジュウチョウサンが
圧勝。サンレイデュークに並ばれそうになっても
突き放しました。
最強障害馬の世代交代とはなりませんでした。
アップトゥデイトは直線手前で、
既に余力はありませんでしたね。
残念ながら馬券が外れてしまいましたが、
サンレイデュークの後の着順は、
買った順番通りでした。
障害レースは難しいですね・・。

にほんブログ村 競馬ブログ 競馬初心者向けアドバイスへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

信頼と実績
競馬総本舗ミリオン