2017年・青葉賞(G2) 有力馬の考察

出走予定馬

このレースはダービーと距離が同じで、
トライアルレースです。
しかし、ここをステップにした馬は
全て本番では勝っていません。
1-2着に入らなかった馬は、
本番で除外して良いでしょう。

毎日杯組が居ないのが難解です。
ここを使った馬は人気しますし、強いです。
なぜならば皐月賞を捨てて、ダービーに
照準を定めたローテーションで、
ダービーへの本気度が高いためです。
皐月賞組が弱いのは、G1で負けたから、
今度はダービーの権利獲り、というほど
甘くはないということです。
間隔の詰まったここを使うくらいなら、
プリンシパルSを使う方がいいですね。

・アドミラブル

1800mで速いタイムを持っているので、
既に本格化していそうです。
2400mも圧勝。ただし、時計は遅いですね。
適性距離はもう少し短いかもしれません。
左回りは未経験です。

・トリコロールブルー

スプリング賞の上位は全て皐月賞で馬券外。
負けた相手は弱かったということですね。
この距離で見直せるかどうかですね。
父ステイゴールドには、2012年に
ここを勝ったフェノーメノが居ます。
東京で勝っていますね。

・ポポカテペトル

2400mではアドミラブルよりも速い時計あり。
左回りは未経験ですが、
鞍上はルメール騎手ですし、
陣営の本気が伺えます。
上位争いできそうな感じですね。

・マイネルスフェーン

ホープフルS、京成杯と相手が弱いです。
ホープフルSを勝ったレイデオロは皐月賞5着。
7月デビューなのに、未勝利も勝利までに
5戦を要しました。
レース間隔が空いているのも厳しい材料です。

・イブキ

この馬も京成杯で大敗。前走の時計は遅く、
開幕2週目の馬場に対応できるかがカギです。
ルーラーシップ産駒で、左回りは得意でしょう。

・ニューアプローチ

弥生賞では馬券内を外れて、
惜しくも4着に敗れました。
弥生賞3着のダンビュライトは、皐月賞3着。
その馬と鼻差なら、弱い世代とはいえ、
能力は高い方と言えます。
東京コースで勝てていないのは気がかりですね。

・ダノンキングダム

東京2400mコースでメンバー中、時計最速。
去年、ヴァンキッシュランで勝った内田騎手ですね。
この馬は買っていました。
フローラSでは見せ場なしだった同騎手ですが、
再度狙ってみたいですね。

・アドマイヤウイナー

前走の時計は速いですが、
オープンクラスの出走レースは
レベルが低いですね。
血統的に重賞は厳しいかもしれません。
スポンサーサイト


にほんブログ村 競馬ブログ 競馬初心者向けアドバイスへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

信頼と実績
競馬総本舗ミリオン

2017年・マイラーズカップ(G2) 回顧

勝ったのは大外に居たイスラボニータ。
勝つとまでは思っていなかったので、
びっくりでした。
ヤングマンパワーは前からの競馬を
しましたので、3着に残りましたね。
エアスピネルにはもっと前に
行って欲しかったですね。
道中、外枠のイスラボニータより後ろでは、
枠の差を生かすことはできません。

10レースの福永騎手が勝ってしまったことで、
これは同騎手のフィエロにも影響ありそうと
思っていました。
向こう正面から3-4コーナーで手綱を引いたり、
最後の直線でもヨレてしまって、
さらに壁になってしまいました。
あれで上位入線できるはずはないです。
まともに追えてなかったですね。

馬券は外れました。
三連複だとトリガミ馬券があったからですね。
1、2、3、4、6着まで印がありますけどね。
フィエロがまともなら掲示板独占でした。

にほんブログ村 競馬ブログ 競馬初心者向けアドバイスへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

信頼と実績
競馬総本舗ミリオン

2017年・フローラS(G2) 回顧

何と勝ったのは12番人気のモズカッチャン。
終始、経済コースを通り、
直線では外に持ち出して差し切りました。
人気のホウオウパフュームは中団に
居ましたが、見せ場なく掲示板外。
先行したヤマカツグレースが2着、
逃げたタガノアスワドは4着でしたので、
典型的な前残りの競馬でしたね。
雨が多少残った良馬場でしたが、
前に行った馬には影響はなかったようです。

期待していたディーパワンサは
先行集団に居ましたが、第3コーナー辺りで
ついて行けずに失速しました。
大荒れの結果となったわけですが、
フローレスマジックは3着に入りましたので、
クイーンカップを勝ったアドヤマイヤミヤビは、
良馬場なら本番でも見直せそうですね。
そこが唯一の救いだと思いました。

馬券は後からグリーンチャンネルの
データ馬券にそのまま乗っかり、
三連複とワイドを的中。
(1,5,7,12,14)でした。
2000円が47020円となりました。
他にもディーパワンサとホウオウパフュームの
馬連、2頭から三連複流しを買いました。
私は元々データ予想でしたので、
5、12、14は展開予想でも印ありでした。
7は君子蘭賞組なので分かりますが、
1だけは分かりません。
ハービンジャー産駒は2000mに
強いからですかね?
今回で同産駒はG2初勝利となりましたね。
母父のキングカメハメハは左回りに強いです。
2017年・愛知杯の上位2頭はそうでしたね。
これも一つのデータでしょう。

展開予想の段階では
モズカッチャンは無印で言及ありでした。
ヤマカツグレースは言及した
君子蘭賞組の1頭でしたので、
乗っかることができたわけです。
レッドコルディスも気になっていました。

勘のいい方ならお気づきでしょうが、
展開予想時の「-」評価や、
印以前に書いている言及にも意味があります。
オッズの変動や天気の変化等で、
追加する馬券があるのです。
本当に気に留めない馬なら、
言及すらしません。

にほんブログ村 競馬ブログ 競馬初心者向けアドバイスへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

信頼と実績
競馬総本舗ミリオン

2017年・福島牝馬S 回顧

ウキヨノカゼは距離実績はなかったですが、
勝ちましたね。前レースが今回の54キロでも、
買っていない計算でした。
テン乗りの吉田隼人騎手がうまく乗りましたね。
☆デンコウアンジュは外を回した分、
最後に伸びを欠いた感じです。
終わってみれば、オープン馬・3頭の決着。
ハンデ戦並のメンバーでも、
やはりハンデ戦ではなかったようですね。
2017年・皐月賞で学んだことですが、
実力差のないメンバーが集まった場合、
中枠の馬がよく絡むようですね。
先行、差しと柔軟に対応できるからでしょう。
フロンテアクイーンの前走はやはり枠が敗因。
クインズミラーグロは1番人気で
勝てなかったので、重賞では
まだ実力が足りないということでしょう。

事前の展開予想ではワイドが良いと
書きましたが、まさにその通りでした。
◎と○のワイド1点で良かったですね。
ウキヨノカゼがなぜか人気していたので、
◎フロンテアクイーンと、○クインズミラーグロを
軸として相手として買ってみました。
さらに、ブリガアルタが少し人気していたので、
この4頭の馬連と三連複ボックスを買いました。
三連単の最低オッズが1万円を
切っていましたので、
荒れないと予想できたのが大きかったです。
一応、挙げた5頭の三連複ボックスも
買いましたけどね・・。

にほんブログ村 競馬ブログ 競馬初心者向けアドバイスへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

信頼と実績
競馬総本舗ミリオン

2017年・オアシスS(OP) 予想

◎アルタイル

出遅れても伸びた前走が良い。

○ストロングバローズ

重め残りでも、ダートマイルでの
外枠の先行は押えたいですね。

▲ディアデルレイ

一番時計だが枠が微妙。

△スーサンジョイ

同コースの時計あり。
マイルと東京は疑問ですが。

-ベストマッチョ

時計がありませんね。

にほんブログ村 競馬ブログ 競馬初心者向けアドバイスへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

信頼と実績
競馬総本舗ミリオン