2017年・天皇賞(春) 展開予想

キタサンブラックが3番。また内・・・?
フェノーメノやテイエムオペラオーは
ここを連覇していますし、
この枠なら勝つこともあり得ますね。

対するサトノダイヤモンドは8枠。
去年のゴールドアクターが沈んだ8枠でもあり、
三冠馬・オルフェーヴルが
大敗した8枠でもあります。

ダービーと同じで極端に内枠が強い傾向です。
1枠だけで過去10年で5勝です。
キタサンブラックは2000mの大阪杯を
ステップにしています。去年勝っているとはいえ、
6ハロン延長なので、折り合いはカギでしょう。

強力な先行馬が集まりましたが、
先行が得意な上位騎手が集まっていますので、
総崩れは考えにくいです。
サトノダイヤモンドに向くレース展開になっても、
相手は先行馬の可能性が非常に高いです。

◎キタサンブラック

この枠ならアクシデントがなければ、
3着以内は堅いでしょう。
連覇も考えられそうです。

○サトノダイヤモンド

有力馬が内に居る関係で、
この枠では勝ち負けまでは厳しくなりました。
しかし、阪神大賞典組のタイムは
菊花賞よりも速く、開幕2週目の高速馬場には
対応できる見込みです。ただし、
1ハロンの距離延長は間違いなく影響するでしょう。
イスラボニータで重賞を勝った鞍上なら。

▲シュヴァルグラン

この馬も内寄りの枠を引きました。
前走はサトノダイヤモンドに迫る2着でした。
差すのであれば、
シャケトラよりは恵まれた枠と言えます。
58キロで勝った経験に加え、
陣営が言うには、これからまだ強くなる可能性が
あるらしいです。あとは鞍上次第ですね。

△シャケトラ

絶好枠を引きました。3キロ増の斤量を
乗り越えるためには良い枠が必須。
ここなら距離延長でも、
勝負になるかもしれません。
距離未知数で700m延長になりますので、
先行することはないでしょう。
中団に控えてサトノダイヤモンドより
前につければ上位入線もあるかもしれません。

2009年・マイネルキッツやアルナスラインも、
日経賞をステップに内寄りからワンツーでした。
ただ、あの時は今年より1秒以上も時計が速く、
2分31秒台でした。今年は日経賞組よりも、
阪神大賞典組の方が時計が速いですね。
ですが、4歳馬は押えておきたいです。
2007年のエリモエクスパイアは大外でも
2着に入っています。
しかし、強力なメンバー相手に内差しでは、
さすがに厳しいでしょう。
ローキャリアも引っかかる点ですね。

☆ゴールドアクター

中枠を引きました。鞍上は強化ですが、
無理に行くと確実に最後の脚に影響しそうです。
前走は4歳馬に負けてしまいました。
あっても3着まででしょう。

横山騎手がゴールドシップで勝った時より、
明らかに相手が強いですね。
2014年の1番人気・キズナは距離が未知数で、
人気が先行して押し出されただけの馬でした。
2着馬との着差もなかったので、
メンバーに恵まれた感はありますね。

-アルバート

前走は58キロを背負って
良い末脚で勝利しましたが、
レース間隔が空いている分は割引きでしょう。
去年はルメール騎手で負けているので、
ちょっと厳しいですね。
相手が強いと思います。

-トーセンバジル

58キロという初斤量。
阪神大賞典でこの斤量ならタマモベストプレイと
際どかったことになります。
成長度合いがポイントですね。
スポンサーサイト


にほんブログ村 競馬ブログ 競馬初心者向けアドバイスへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

信頼と実績
競馬総本舗ミリオン

2017年・天皇賞(春) 有力馬の考察

登録馬

・キタサンブラック

距離が不安視されていた前走を
危なげない勝利。
完全に杞憂に終わりましたね。
2000mのG1で勝てるなら、スピードは
まだ大丈夫です。

2016年・有馬記念では、
3歳馬のサトノダイヤモンドにやられましたが、
去年は勝っていますし、上位は確実ですね。
勝つかどうかは枠も影響するでしょう。

・サトノダイヤモンド

ディープインパクト産駒の中でも
トップクラスの成績です。
ジェンティルドンナが同産駒では
実績1位ですが、残念ながら牝馬です。
G1をあと何勝か出来る素材ですね。
3200mの初距離が課題ではあります。
三冠馬のオルフェーヴルですら大敗しました。
菊花賞と有馬記念と阪神大賞典を
勝った4歳馬でも、ゴールドシップのように
馬券外に成りえるレースです。
ゴールドシップは横山騎手でここを
勝ったように、敗因は騎手と思われます。
ルメール騎手ならやってくれるでしょう。

・シャケトラ

2008年のアドマイヤジュピタは1000万下から
ハンデG2を勝ち、阪神大賞典も勝ち、
そのままG1を戴冠しました。
そのアドマイヤジュピタよりもローキャリアで
一気に駆け上がってきたのがこの馬です。

前走の時計は悪くないのですが、
少々、荒れてしまいました。
負かした相手も乗り替わりのミライヘノツバサ、
3着は2年前から重賞を勝っていない、
アドマイヤデウスです。未知数なのは距離。
父のマンハッタンカフェは現役時にここを勝ち、
産駒のヒルノダムールもここを勝ちました。
距離をこなしてくれる可能性はありますが、
馬券内に飛び込めるかどうかは分かりません。
前走のレースレベルは引っかかりますが、
同産駒は京都重賞は強いので、
完全無視までは危険でしょう。
田辺騎手は2014年・ホッコーブレーヴで3着。
決して長距離のイメージはないですが・・。

・シュヴァルグラン

前走の直線では、サトノダイヤモンドに
迫って2着。一瞬、かわしたかと思った時に
突き放されました。
サトノダイヤモンドに勝てる可能性は、
ほぼ0でしょうね。

福永騎手は2007年・エリモエクスパイアで2着。
まだここでの勝ち星はありません。
2005年はリンカーンに騎乗し、1番人気6着。
翌年、横山騎手に乗り替わって2番人気2着。
上位入線は鞍上次第のような気がします。

・レインボーライン

前走はまさかの馬券外。
マイルで速いタイムを持っているので、
本格化はしているでしょう。
ここはステイゴールド産駒は相性がいいですが、
もしかしたら距離が長いかもしれません。

・ゴールドアクター

前走は掲示板確保がやっとでしたね。
吉田隼人騎手は去年はここを1番人気で
沈んでいます。
前走は騎手に責任がある可能性が
高いですね。枠も関係はしていますが・・。
条件戦から乗り替わって居ないだけに、
陣営の苦渋の決断であると同時に、
勝負レースでもあります。
ゴールドシップが横山騎手に乗り替わりで
勝ったように戴冠できるでしょうか?
同レースでは最後のチャンスでしょう。

・アルバート

ステイヤーズSを連覇は立派でも、
天皇賞(春)とは関連性が低いレースです。
むしろ、使わない馬が強いレースですね。
ステップのダイヤモンドSはハンデ戦です。
同レースを勝ったフォゲッタブルは1番人気で
ここを沈んでいます。
川田騎手はビッグウィークで菊花賞を
勝っていますが、アドマイヤデウス同様、
G1では通用していません。
去年はルメール騎手で6着だったので、
この辺りが限界だと思います。

・ディーマジェスティ

前走は中山巧者の蛯名騎手で大敗。
距離延長でのここは無謀でしょう。
2013年のフェノーメノがここを勝てた時は
日経賞を1番人気で勝っています。
本番を勝ってステイヤー適性を証明できたので、
故障明け叩き2戦目で連覇できたわけです。

2015年・天皇賞(春)のカレンミロティックは、
前走・阪神大賞典4着で枠は内枠でしたね。
1番人気のキズナは距離不安で、
メンバーに恵まれた感は否めません。

菊花賞4着が一つの判断材料ですが、
私はマイラーではないかと見ます。
菊花賞はスピードだけで上位入線できます。
マイラーズカップ2着のエアスピネルが
いい例です。

・トーセンバジル

フローラステークスの1・2着は
ハービンジャー産駒。
産駒が走り出して間もない頃は、
産駒は長距離とスポニチ関西版に
ありました。しかし重賞実績は
明らかに2000mに偏っています。
阪神大賞典では好走しましたが、
メンバーの揃ったここでは厳しそうですね。
2008年アサクサキングスは四位騎手で
1番人気3着。
2009年では阪神大賞典を勝ちながらも
1番人気9着でした。
騎手的にもちょっと厳しいでしょう。

にほんブログ村 競馬ブログ 競馬初心者向けアドバイスへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

信頼と実績
競馬総本舗ミリオン

2017年・皐月賞 回顧

ファンディーナやアルアインは先行して
前に出ました。
クリンチャーも予想通り先行集団。
道中、カデナとペルシアンナイトが内ラチから
伸びるシーンがありましたが、
カデナはペルシアンナイトより後ろに居たため、
ペルシアンナイトだけが
最後に伸びてきましたね。
元の枠の差が出た形です。
差し馬にはやはり内枠は不利でした。
スワーヴリチャードも向こう正面では
中団に居ました。ここから差すのはまず無理。
この時点でレース終了ですね。
マイスタイルは見せ場なく終了でした。
終わってみれば大波乱。
6頭挙げても全部掲示板以下という体たらく。
展開予想の仕方に見直しが必要ではないかと
考えさせられました。
振り返ってみると、カデナやスワーヴリチャードは
内差しの馬なので、G1では厳しかったですね。
本命に推したウインブライトは距離未経験。
ダンビュライトは弥生賞3着だったので、
距離経験がある分、力量が上だったのでしょう。
騎手の能力差や8枠からの差しで
微妙な距離のロスというのもあると
思います。
ペルシアンナイトもアルアインも距離未経験。
さらには中山も未経験。
騎手の腕で上位に持っていった印象です。
ロスが少なかった中枠の馬が、
今回は有利だったようですね。馬が弱すぎる分、
騎手の腕と枠の差が、
波乱の結果に繋がったようです。

後から時計の速いアルアインが気になりました。
そしてペルシアンナイトですが、
中山10レースで人気のデムーロ騎手が
沈んだので、メインで絡むと確信しました。
しかし、購入したのが今日の朝なので、
既に時遅し、でした。
武騎手、デムーロ騎手は皐月賞勝ち、
松山騎手は先行が得意。
騎手のイメージを想定された方は
的中されたかもしれませんね。

ファンディーナはやはり負けました。
これまでの対戦相手は弱かったですしね。
馬単や三連単まで売れていたので、
もしやと考える方は多かったかもしれません。
牝馬はやはり牝馬ですね。
三連単100万の大波乱になるほど
弱いメンバーだったレースで
絡めなかったと言うことは、
血統が影響している可能性がありますね。
私は普通に桜花賞に挑戦すれば、
上位争いだったと思います。

最近のG1は騎手依存ですね。
今後のG1ではそちらにも
注目してみようと思います。
購入もギリギリまで待ちたいですね。

にほんブログ村 競馬ブログ 競馬初心者向けアドバイスへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

信頼と実績
競馬総本舗ミリオン

2017年 中山グランドジャンプ 回顧

無事に飛越を全て終えたオジュウチョウサンが
圧勝。サンレイデュークに並ばれそうになっても
突き放しました。
最強障害馬の世代交代とはなりませんでした。
アップトゥデイトは直線手前で、
既に余力はありませんでしたね。
残念ながら馬券が外れてしまいましたが、
サンレイデュークの後の着順は、
買った順番通りでした。
障害レースは難しいですね・・。

にほんブログ村 競馬ブログ 競馬初心者向けアドバイスへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

信頼と実績
競馬総本舗ミリオン

2017年・中山グランドジャンプ 展開予想

展開予想と言うより、
元々の力と微妙な枠の差だけですね。

◎オジュウチョウサン

前走は大外枠からの勝利。
ゴールまで無事なら馬圏内は確実視。

○アップトゥデイト

前走はオジュウチョウサンより内枠でも、
完敗でした。逆転はまず無理でしょう。

▲タイセイドリーム

アップトゥデイトより内枠。この枠なら。

△ルペールノエル

高田騎手なら再度馬券内も可能では。
アップトゥデイトより外なので
少し評価は落ちています。

-メイショウヒデタダ

ルペールノエルより更に外枠。
中山実績があっても重賞ではどうか。

-ラステラ

内枠が欲しかったですね。軽視です。

三連単 2点 12→6→4,7

にほんブログ村 競馬ブログ 競馬初心者向けアドバイスへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

信頼と実績
競馬総本舗ミリオン