2017年・名古屋大賞典(G3)

名古屋競馬場は直線がとても短く、
差しがまず決まらないです。
外枠発走の逃げ馬も残ります。
そのせいか、中央から参戦する場合でも、
先行の馬が揃います。

出遅れたらほぼ終わりの特殊なコースなので、
地元騎手が絡むことが多いですね。
その意味では浦和競馬場と似ています。

カツゲキキトキトは地元・大畑騎手で、
脚質も逃げなので良さそうです。

オールブラッシュも逃げ脚質です。
斤量を59キロと背負いますが、
前走G1でこの斤量を背負っていても、
勝っている計算ですね。
外寄りになった分だけ、
少し評価は落ちます。

この2頭は押えるべきでしょう。

外の逃げ馬を買う分、内の差し馬を
押える必要があります。
ここはピオネロでしょうね。
元・地方の戸崎騎手ですし。

モルトベーネは逃げられなければ競馬には
ならず、その時点で終了の枠。
デムーロ騎手でも厳しそう。

ケイティブレイブはまだ4歳ですが、
3歳で浦和記念を勝った実力馬ですね。
名古屋グランプリは距離が長いとしても、
川崎記念はもっとやれても良かったはず。
距離未経験だったオールブラッシュに
やられていては。
前走から斤量を背負いますが、
浦和記念がこの斤量でも勝っている計算です。
問題は鞍上替わり。上昇が見込めるかどうか。
後手を踏んだら終了ですね。

ドリームキラリは距離未経験で、
同じくテン乗りの川田騎手です。
2012年・ダイシンオレンジで2着の
実績はありますが、ここでは軽視ですね。

ヴェリイブライトは加藤聡一騎手。
加藤誓二騎手の方だったら・・と考えてました。
3走前は同距離で差し届いていませんが、
中団くらいに控えると展開予想すると、
ピオネロよりも有利な枠になりますね。

1頭はウマニティのデータを参考にします。

>  ・近走成績が悪く、
> 今回が休養明け初戦となる実績馬。

トロヴァオを選択します。
2000mのダービーグランプリで圧勝。
この実績があるので先行するはず。
後手を踏んでも差せそうです。

実績馬にうまい騎手が騎乗しているので、
行く馬が総崩れは考えにくいです。
差しは絡むとすれば、1頭でしょう。
展開予想が困難なので6頭挙げておきます。

◎カツゲキキトキト
○オールブラッシュ
▲ピオネロ
△ケイティブレイブ
△ヴェリイブライト
☆トロヴァオ
スポンサーサイト


にほんブログ村 競馬ブログ 競馬初心者向けアドバイスへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

信頼と実績
競馬総本舗ミリオン

2017年・毎日杯、日経賞 回顧

○毎日杯

向こう正面でサトノアーサー最後方。
この時点で終わりました。
馬も騎手も両方悪いかもしれませんが、
大外のガンサリュートも案外でしたので、
3歳牡馬が私の想像以上に
弱かったということですね。
アルアインはシンザン記念で、
不利があったとはいえ、
距離延長かつテン乗りの松山騎手で
勝っちゃいけないです。
サトノアーサー頭なら分かりますが・・。
どう考えてもこの着順には
無理がありますので、
3着にキセキは納得です。
少数頭の展開予想は難しいです。

皐月賞はファンディーナとカデナで
決まりですね。
バウンスシャッセよりは強いはずです。
ミスエルテのようなことも、
ないわけではないでしょうが・・。
ファンディーナが勝てばダービーにも参戦。
何やってるんですかね、3歳牡馬は・・。

○日経賞

ゴールドアクターが3着にも入れず。
G1が控えているので、
良いデキではなかったのは分かりますが、
話になりませんね。
ジャパンカップを重めで叩き台にした
調教師ですので仕方ないです。
1倍台だったし、ファンは裏切られましたね。

予想は完敗。シャケトラはノーマークでした。
ミライヘノツバサが乗り替わりで2着でした。
馬券に情は入れない主義ですが、
今回ばかりは入れても良かったようです。

アドマイヤデウスも好走。
この馬を消したのは失敗でした。
レインボーラインとディーマジェスティは、
人気を裏切りました。
この2頭は今年のG1は勝てない気がします。
今後は買いたくないですねぇ・・。

にほんブログ村 競馬ブログ 競馬初心者向けアドバイスへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

信頼と実績
競馬総本舗ミリオン

2017年・マーチS(G3) 予想

2017年・マーチS(G3) 展望

◎コスモカナディアン

枠が悪くないので、ここなら好勝負。
持ち時計はロンドンタウンには及ばない。

○メイショウスミトモ

近走好調。
1キロ減なら馬券内もあるかも。

▲ロンドンタウン

重賞勝利してプラス2キロ。
枠も悪くないと思います。
鞍上・柴山騎手がどうなるか。

△ショウナンアポロン

去年勝利。東海Sと同じ斤量で
巻き返し期待。

△ピットボス

展開の関係で先行馬が1頭残るはず。
シーズララバイで2着だった柴田騎手で。
この枠なら先行するはずです。

☆ディアデルレイ

前走好走。1キロ斤量が減ったのは好材料。
差しが外寄りに多いので、
この枠の馬まではどうか。展開次第。

-アスカノロマン

大敗後の斤量増は厳しい。
鞍上も替わって狙いづらい。


にほんブログ村 競馬ブログ 競馬初心者向けアドバイスへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

信頼と実績
競馬総本舗ミリオン

2017年・毎日杯(G3) 予想

2017年・毎日杯(G3) 展望

今回は4頭に絞ります。

◎サトノアレス

最内は少し気になりますが、軸としては不動。
きさらぎ賞の二の舞にはならないはずです。
勝ち切れなければ乗り替わる可能性大。

○ガンサリュート

静観予定と書きましたが、
大外に入りましたので浮上させます。
少数頭は展開がいくらでも考えられるせいか、
外枠の方が有利な傾向にあります。
きさらぎ賞でも実質7頭立てで、
7番・アメリカズカップが勝っています。
ただ、前には行けないので、
頭までは厳しいかもしれません。

▲クリアザトラック

クリアザトラックは距離未知数と
なぜか間違えていました。
阪神の1800m勝ちがありましたので、
これを削除しました。
先行のイメージのない四位騎手ですが、
ディープインパクト産駒なら。

☆プラチナムバレット

強いて挙げるなら、でしょう。
阪神1800mでのタイムがあるからです。
あとは外寄りの枠ですね。
池添騎手は若葉Sで勝ちましたしね。
しかし、かなり厳しいのは確かです。
福寿草特別で負けた、1番人気の
エアウインザーはG3で掲示板外です。

にほんブログ村 競馬ブログ 競馬初心者向けアドバイスへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

信頼と実績
競馬総本舗ミリオン

2017年・日経賞(G2) 予想

2017年・日経賞(G2) 展望

◎ゴールドアクター

中山巧者。内に急坂2500m以上を
こなせる先行馬が居ないので、軸確定。

○レインボーライン

ジャパンカップでは阪神大賞典2着の
シュヴァルグランから1馬身程度の差。
鞍上が替わって期待度上昇。

▲ナスノセイカン

有力馬の枠の関係で浮上。
距離未経験ですが、鞍上替わりがプラス。
2週連続、中山重賞2着の鞍上なら。

△ディーマジェスティ

古馬相手に通用するかどうかはともかく、
菊花賞4着は距離適性的にとても気になります。
有力馬が外に入った関係で、この評価です。
中山のうまい蛯名騎手なら。

△マイネルサージュ

中山適性はないですが、
一応は前に行けそうなので浮上させました。
柴田大騎手の先行なら期待ですが、
前走は枠も響いたのか大敗。

万葉Sで勝ったタマモベストプレイは
阪神大賞典で4着。

万葉Sは上がり馬が制するイメージはなく、
重賞で通用しなかった馬や、
高齢馬が使うイメージが強いです。
ステイヤーズSのように、
スタミナが問われるレースなのですが、
ハンデ戦でもありますので、
スピードに欠けている馬でも上位に来られます。
ただ、トウカイトリックのように、
重賞にステップアップできる例は少ないですね。
単純に、前走は距離が長かったと
解釈してみます。陣馬特別では2400mで、
好タイムを出しています。
これくらいの距離が強い証拠だと思いますね。

☆ミライヘノツバサ

この馬も距離が未知数なだけに
この枠は痛いです。
鞍上替わりもプラスとは言えません。
わずかな期待に留めます。

?ツクバアズマオー

中山記念とは違う戦法で行くと宣言した陣営。
2500m勝利実績がないので、
この枠では先行できないはず。
直線310mの中山で追い込みとも思えない。
策はあるのでしょうか?

-アドマイヤデウス

枠が微妙。京都大賞典は3番でした。
有馬記念は、この馬番でマリアライトに
負けただけに厳しい。

-シャケトラ

この枠ですと差すことになるでしょう。
乗り替わり田辺騎手の持ち味は先行。
中山未経験と距離延長は厳しそう。

-ジュンヴァルカン

中山未経験。
ミライヘノツバサには騎乗しなかった鞍上。
デムーロ騎手がレインボーラインに
乗る関係で回ってきたのでしょうか。
ネオユニヴァース産駒でこの距離は、
ヴィクトワールピサの有馬記念しかイメージなし。
微妙に長い気がします。

にほんブログ村 競馬ブログ 競馬初心者向けアドバイスへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

信頼と実績
競馬総本舗ミリオン